33歳の誕生日を迎えたので、人生について書いてみる

どーも。33歳の人生に疲れた人を励ましたい会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

33歳になった。もう33歳。まだ33歳。いろいろな捉え方があるが、もう33歳といった感じはある。幼少期の自分から見て33歳とは恐ろしく大人なイメージがあったのに対して、現状の自分はそのイメージに追いついていない。しかし、人の成長速度はそんなものなのかとも思う。子どもから見たときの33歳の大人も、実際はたいして大人ではなかったということだ。

曲りなりにも精一杯33年間生きてきて思うことは、人生とは気の持ちようだということ。良いところに目を向ければ楽しくなるし、悪いところに目を向ければつまらなくなる。己のいる環境下で喜びを見つけるしかないし、ないものねだりしても仕方がない。

幸いにして飢え死などが頻繁にあった時代に比べれば、豊かで恵まれた時期に生を授かった。さらに言えば変革期と呼べる時代であり、自分自身が生きてその時代の移り変わりの中にいられるだけで面白い。

比較的第三者的な目線でものごとを見ることが好きで、自分自身をも一歩引いて客観的に見ているときがある。舞台を観る観客の気持ちでこいつ(鈴木孝浩)はこっちを選んだ方が劇が面白くなりそうだし、こっちを選ばせてみようとか。時代的にはこっちの方が合っている気がするとか。

早稲田大学といういわゆる世間的に良い大学を卒業し、待遇の良い会社に就職した。25歳で会社を辞めて自転車世界一周の旅に出る決断をしたのだが、それまでは自分の人生をどう生きるかといったことをよく考えていた。

そこからは先に書いたとおり第三者的な目線の色合いが濃くなってきて、会社を辞めて旅に出たやつが再就職するより田舎暮らしを始めた方が面白いよねという、まるで自分自身の話ではないような要素をたぶんに含んだ選択をした。学生時代に自分はなんて面白くないんだろうと悩んだ時期があり、面白くない人間なら面白い生き方をするしかない、と考えた当時の考えが段々と影響力を増している。

そのような選択肢を重ねてきた結果が今になるのだけれど、人生はより一層おもしろくなってきているのだからたまらない。結局のところ人が好きであり、幸いにして人には恵まれているので幸せなのだ。それ以上に欲しいものはないし、それが分かったことが大きい。

何をやるかよりも誰とやるかの方が大切な上で、さらにやりたいことをやれていれば大方OKであろう。経済的なところは未知数すぎて、正直なところ今も未来もどうなるのか分からない。ずっと楽しいと言っていられるのかも分からないし、今の道の先は悪路が待ち受けている可能性もある。

しかし、どの道が良き道なのかは誰にもわからない。ならば現在歩いているところを楽しみ、精一杯やるしかなかろう。

そんなこんなで必死に生きているのは事実なので、誕生日プレゼント送ったるわという方は以下の欲しいものリストから是非。

amazon欲しいものリスト

おもしろきこともなき世をおもしろく すみなすものは心なりけり。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です