愛知県新城市の宇連川をカヌーツーリング!予想以上の激流にびっくりだがおすすめ!【危険】

どーも。カヌーツーリングを普及したい会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

カヌー旅を続けてきてもう13年。

えっ、、、13年も経つのか・・・。と書き出して自分でも驚く。カヌー経歴のまとめを久しぶりに取り出してみる。

2003年
8月奈良吉野川・・・4日     
8月山口錦川・・・4日
8月熊本川辺川・球磨川・・・5日

2004年
6月新潟魚野川・・・4日
7月長野万水川・犀川・・・3日

2005年
6月新潟魚野川・・・4日
7月長野万水川・犀川・・・3日
7月北海道釧路川・・・5日
8月静岡大井川・・・5日
8月岐阜長良川・・・8日
8月長野万水川・・・1日
9月茨城那珂川・・・3日

2006年
8月岐阜長良川・・・4日

2007年
7月埼玉荒川・・・2日
8月高知仁淀川・・・5日
9月高知四万十川・・・8日
11月徳島吉野川・・・6日

2008年
2月ニュージーランドランギタイキ川・・・3日
2月ニューシーランドモハカ川・・・3日

2009年
7月群馬利根川・・・4日

2010年
8月カナダユーコン川・・・18日

2011年
4月ネパールボテコシ川・・・4日

2012年
8月長野万水川・犀川・・・1日

2013年
7月静岡気田川・・・2日

2014年
5月長野天竜川・・・3日

学生時代に国内の行きたい川をあらかた下り、念願のランギタイキ川とユーコン川を下って一時期の熱量が冷めた感じ。愛知県新城市(しんしろし)に移住したからには、新城を流れる川をどこかくだろうと考えていた。豊川か宇連川か?はたまた??

景観を道路から見ている感じだと宇連川は非常によさげ。情報があまりない上、水量が少ないことが悩みだった。しかし8月頃からは宇連ダムからの放水量が多いことが調べている内に分かり、新城でのカヌーツアーの可能性も含めて実地調査に乗り出した。要は自分でくだってみたということである。

宇連川カヌーツーリング情報

宇連川のエントリー地点は鳳来川合地区となる。今回は三河川合駅から2kmほど北に行ったところの右岸側スタートした。駐車場あり。

後述するがそこから2kmがかなり激しいので、腕に自信がない人は151号線と宇連川が交差する場所あたりからのスタートをおすすめする。

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

ダッキー(ゴムボート)を使っているので、まずは空気を膨らませて準備。ヘリオスを愛用している。

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

初心者に指導。とはいえ、正直なところ初心者を連れていくべき川ではなかった。

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3 %e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

右岸側からスタート。

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3 %e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

意気揚々と出発。1kmほど下ったところにある瀬が予想外に大きく、3級といったところだろうか。通常大きい瀬の前にはスカウティング(下見)するのだが、知らないので突っ込む。初めて行ったときは1人でカヌーに乗っていたので枕(ひっくり返る)ことなく余裕でクリアしたが、初心者を乗せて向かえば勝手が違う。

案の定というべきか、枕したのである。そもそも瀬に突っ込む前にひっくり返って推進力がなくなっていたので苦しすぎた。以下動画。

ウメちゃんも枕。

ちなみにここでひっくり返って人だけ流されるとカヌーがはまって出てこないので注意。

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3 %e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

ここがハイライトの瀬ではあるが、ちょくちょく1~2mの落ち込みがあり飽きさせない。

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3 %e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

湯谷温泉街のゆーゆありーな前でゴール。もうちょい先まで行くとかなり面白いところがあるが、ここは止めておいた。

%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e6%96%b0%e5%9f%8e%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%ae%87%e9%80%a3%e5%b7%9d%e3%82%92%e3%82%ab%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e4%ba%88%e6%83%b3

道路脇からのぞいたときから想像できない刺激的な激流だった。これだからカヌーはやめられない。

水量が多い時期が限られているが、宇連川は相当面白い川の1つである。カヌーイストにおすすめ!!!

また下りたいな~。

ちゃお!

関連カヌーエントリー

[カナダ]ユーコン川への想い
[カナダ]ユーコン川下り準備
[カナダ]ユーコン川出航(1日目~2日目)
[カナダ]ユーコン川で燻製(3日目~4日目)
[カナダ]ユーコン川ではカヌー上で生活(5日目~6日目)
[カナダ]ユーコン川でパイク田楽(7日目~8日目)
[カナダ]ユーコン川沿いの町カーマックスに到着(9日目~10日目)
[カナダ]ユーコン川で雨(11日目~12日目)
[カナダ]ユーコン川と熊の足跡(13日目~14日目)
[カナダ]ユーコン川で熊と遭遇(15日目~16日目)
[カナダ]ユーコン川でオーロラ(17日目)
[カナダ]ユーコン川のゴール地点ドーソン(最終日18日目~)
[NZ.2]うなぎの捌き方を知らなくたってなんとかなるさ!(ニュージーランド編)
[NZ.3]憧れのランギタイキ川カヌーは期待を裏切らなかった!(ニュージーランド編)

全国リバーツーリング55マップ (Outdoor)

全国リバーツーリング55マップ (Outdoor)
山と溪谷社
売り上げランキング: 342,023

ユーコン漂流

ユーコン漂流 (文春文庫)
野田 知佑
文藝春秋
売り上げランキング: 139,474

世界の川を旅する

世界の川を旅する
世界の川を旅する

posted with amazlet at 13.02.15
野田 知佑 藤門 弘
世界文化社
売り上げランキング: 576,946

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です