takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

カナダ

ユーコン川カヌーのゴールはドーソン(最終日18日目~)[カナダ]

投稿日:2010年9月24日 更新日:

RIMG8524

ついに最終日。毎日飲んだ暮れる、魚の燻製、熊・ムースを見る、オーロラを見る、といったやりたかったことはほとんど出来た。欲を言えばキングサーモンを釣ってみたかったけれど、縁がなかった。求め過ぎというものであろう。

RIMG8526
最終日のお弁当は五目ごはん。これがうまかった。

RIMG8531
ヘリコプターが盛んに上空を飛び回っていた。明らかに僕らをチェックしていたので遭難者がいたのであろう。

操縦士①「遭難したのはあの二人組のアジアンか?」

操縦士②「もし彼らだとしたら、あんなに吞気にカメラを構えてないだろうよ。」

なんて会話があったのかもしれない。

RIMG8534
ゴールの町ドーソン。今は小さな村のような感じであるが、ゴールドラッシュ時には栄えた町。

RIMG8540
レンタルしたカヌーはきれいにして返却。乗り捨てである。非常に便利。

RIMG8541
町に着いたらやっぱり肉!2人で800g食べきってしまった。

RIMG8542
本当に来て良かった。ひとつひとつ行きたい場所を回っていくことが世界一周なんだと思った。

RIMG8547
ドーソンのキャンプ場。町とは川を隔てているが、無料の船が24時間出ている。

RIMG8558
キャンプ場は日本の風呂に近い作りの浴室がある。体が浸かれるわけではないのだが、心休まる。

RIMG8561
下り終える前までは、オーロラが見れるまでいようとか、物足りなかったらもっと下流まで下ろうとか、いろいろな案を考えていたけれど、もう満足だった。心ゆくまで裕福に笑った時間をセキちゃんと過ごした後に、1人でユーコンにまだ滞在しようとは思わなかった。

18日間の旅の期間はちょうど良かったように思う。もうちょっといれたらなあ、と感じるくらいが終わり時だと思っている中、マンネリも感じず最後まで楽しみ続けた。やっぱりユーコン川は期待を裏切らなかった。それ以上の体験を僕らにさせてくれた。カヌーイストとして恋い焦がれていた場所に最高の相棒と来れて良かった。

僕とセキちゃんが出会ったのは7年前の2003年。出会って40周年記念の2043年にまた一緒に来よう。僕らはユーコン川と約束して飛び立ったのだった。

ユーコン川カヌー紀行

[カナダ]ユーコン川への想い
[カナダ]ユーコン川下り準備
[カナダ]ユーコン川出航(1日目~2日目)
[カナダ]ユーコン川で燻製(3日目~4日目)
[カナダ]ユーコン川ではカヌー上で生活(5日目~6日目)
[カナダ]ユーコン川でパイク田楽(7日目~8日目)
[カナダ]ユーコン川沿いの町カーマックスに到着(9日目~10日目)
[カナダ]ユーコン川で雨(11日目~12日目)
[カナダ]ユーコン川と熊の足跡(13日目~14日目)
[カナダ]ユーコン川で熊と遭遇(15日目~16日目)
[カナダ]ユーコン川でオーロラ(17日目)
[カナダ]ユーコン川のゴール地点ドーソン(最終日18日目~)

336×280

336×280

-カナダ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ユーコン川カヌーで熊と出会う(15日目~16日目)[カナダ]

15日目の朝はミートノーススパゲッティ。18日間のレンタルなので、もう終盤。残すところ後4日。 バレルと呼ばれる食糧ケースを洗いに行くセキちゃん。熊が寄ってこないよう、匂いが漏れないようになっている。 …

ユーコン川カヌーでビッグサーモンビレッジの落書き(9日目~10日目)[カナダ]

ゴールドラッシュの名残の町、ビッグサーモンビレッジに立ち寄った。空き小屋が幾つか残っていた。 壁に名前や言葉がいっぱい掘ってあった。日本人の名前も多い。あんまり嬉しくないんだよな。 山火事の後。木の枝 …

ユーコン川カヌーでオーロラ!(17日目)[カナダ]

17日目も晴れ。結局雨だったのは3日程だった。 マシュマロを遠火で温めると甘さが倍増し、とろける食感となる。糖分を補給して出航。 18日間の旅も17日目。 夢のような時間も後わずかになった。町に着く前 …

ユーコン川カヌーの食糧準備[カナダ]

8月5日の夜、カナダのバンクーバー空港のホワイトホース便の待ち合いロビーでセキちゃんと合流した。予約しておいたクロンダイクカヌーレンタルのクシダさんと翌日の6日に打ち合わせをした。7日から下り始めるた …

ユーコン川カヌーでパイクを釣る(1日目~2日目)[カナダ]

カノウさんはカヤック。カノウさんのビールの一部を僕らのカヤックに載せてあげた。 対岸までの距離はかなりある。真ん中よりやや右にカノウさんの赤いカヤックが写っているのが分かるだろうか。 初日から大物ゲッ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。