天然うなぎを捕獲する仕掛けと捌き方とかば焼きのたれの作り方(ニュージーランド旅行記2)

ニュージーランドのトレッキングのことを書いて思い出した、うなぎを捕まえた話。ニュージーランドに来てはじめにトレッキングに行ったので、そこからうなぎと出会うまでを簡単に書く。

ニュージーランドでトンガリロをトレッキングを終えた後、北島の中央部に位置するタウポ湖へ向かった。

タウポ湖でカヌーを楽しみ、湖から流れ出る川の川辺でキャンプ。キャンプ地と湖の途中にあるHuka Fallsは美しかった。Huka fallsの瀬のランクは5級。カヌーで下る人がいるってんだから、驚くばかり。

タウポ湖カヌー。

huka falls(フカフォール)!!

次に向かった先が、ニュージーランド旅のメインであるランギタイキ川。この川をカヌーで下るために、日本からカヌーを持ってやってきたのだ。

レンタカーでスタート地点まで行き、川辺でテントを張った。そこはダムのすぐ上流で、ダム湖となっていた。魚を何匹か釣ったので、それを餌にした罠を川に沈めておく。日本だとカニやエビが獲れたりする網箱だ。

日が暮れた時刻に網箱を引き上げてみると、見慣れないものが何かが入っている。動いているので生き物だと認識したけれど、それは箱の色と近く、一見して何かは分からなかった。

箱を手元まで手繰り寄せてから改めてよく見ると・・・

ウナギ!!しかも2匹!!!!

うなぎってニュージーランドでもいるんだな~。人生で初めて生きているうなぎを捕まえた。天然うなぎを食べるのも初めて。

すでに話は食べることへと進んだけれど、もちろん捌いたことなどない。メンバー4人の知識を動員して、勢いでやるしかなかった。

こ、こいつは??

うなぎでねえか!!

2匹ゲット!

これが罠の網箱ね。

血抜きしてから捌くだーよ。

手順として、ぶつ切りにする前に開くことは知っていた。ナイフの切れ味がうなぎの皮に敵わなかったため、ぶつ切りにして地道にやる方がスムーズだった。

一切れずつ開いていく。

ガスだけど、直火焼き。たれがたれてヘッドの穴をふさぐので注意。

たれはしょうゆと酒とみりんと砂糖を混ぜて作った。上出来であった。

あられもない姿。

天然うなぎの感想

捕まえたうなぎを捌くのは大変だった。ぬるぬるしており、すぐに逃げられる。やつら、元気すぎ!

かば焼きにしてしまえば、美味。

天然のうなぎだからかニュージーランドのうなぎだからなのかは分からないが、身が引き締まっており、日本で食べるうなぎより随分とかみごたえがあった。

ああ、また食べたくなってきた・・・

うなぎの本来の捌き方

GyoNetウィキに動画があったので紹介。

うなぎの捌き方

うなぎに関する面白い本

世の中にはうなぎにロマンを感じる人がいて、そういう人が四十年かけてうなぎを研究する。そういうの、いいよね。

・世界で一番詳しいウナギの話

世界で一番詳しいウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)
塚本勝巳
飛鳥新社
売り上げランキング: 45,097

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です