takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

ケニア

ケニアでマラリア検査 スタンバイ治療薬はコアテルム・予防薬はドキシサイクリン

投稿日:2012年5月11日 更新日:

雨季は迫っている。アキさんミカさんと別れた日にはナクルへ着く。そこからはサハラ砂漠を走っていたときのようなペースで、前へ前へと進もうと思った。雨季に競争を挑むつもりでナクルを発った。

気付いていたのよね。朝起きたときから調子がいまいちなことは。ナクルで泊まっていた宿は500シリング(約500円)の割に居心地がよく、連泊してもいいかなと考えた。ただ、昨日までの夢を語り合っていたらあっという間に過ぎていた1週間を思うと、少しでもウガンダに近づいておきたい気持ちがまさった。

漕ぎだした感じからするに、無理をすると身体を壊すことが分かる。ポレポレ(ゆっくり)を意識して進む。自転車に乗っていても楽しさはない。朝早く出たけれど100km先のケリチョ(kericho)まではとても行けそうにないので、昼過ぎに着いたモロ(molo)で走行を終えることに。少々高くてもいいや、と見つけたのがグリーンガーデンロッジ(green garden lodge)。1泊800シリング(約800円)だったが身体を休めることが先決なので、広々としたホットシャワー付の部屋を選んだ。

気力を振り絞ってシャワーを浴びる。マラリアの可能性があったので、水・薬・洗面器・ヘッドライト等を頭の横に準備してベッドに潜りこんだ。マラリアのスタンバイ治療薬はコアテルムを用意。予防薬はドキシサイクリンを服用している。(アフリカの病気とマラリアについて)

ベッドに横になると間もなく意識が遠のいた。起きたのは日が暮れ始めていた頃。3時間くらい寝たことになる。ん?体調の悪化がないぞ。とはいえ良くなってもいない。ただの体調不良かマラリアか、、、よく分からん。思い当たる要因はあって、夢を語り合ったキャンプ生活では蚊にいっぱい刺されたんだよね。潜伏期間を考えるとマライアの可能性大。結局、その夜は外に出るほどの元気はなかったので、買っておいたバナナを喰らって再び就寝。

翌朝も体調が悪化した感じはない。少々回復したような??依然として気分は良くない。マラリアの症状である高熱は表れていない。ただ、予防薬を飲んでいると症状が軽減されるらしいので、判断が難しい。自転車を漕げる体調ではないので停滞は決定だけれど、病院へ行くかどうか。体調が悪い中で異国の病院へ行くのは大変なのだ。明日も調子が悪かったら行くという選択肢もある。

う~む・・・

マラリアなの?そうじゃないの?ということが頭をぐるぐる回る。考えても仕方のないことが気になって煩わしいので、気力を振り絞って病院へ行くことに。あまり好きではないバイクタクシーをつかまえて病院へ連れていってもらった。

到着した10時頃には待ち人で溢れかえっていた。老人と子連れの母親が多い。システムが分からないので訪ね回って受付に並ぶ。こういうのが疲れるのよね。何ヵ所か並ばされた挙句、ようやく正しい場所でカルテを100シリング(約100円)で購入して待つ。「診察ではなくマラリアの検査のみ」ということを主張したのが良かったのか、1時間程で名前を呼ばれる。思ったよりずっと早くて助かった。窮屈な場所で待っているのがしんどかった。

おそらく外人が来ることなどないのだろう。ちょっとしたたわいもない雑談をし、マラリア検査はあちらだから、と指示された。始めからそれだけでいーのに。

マラリア検査は指先の血を少し採るだけ。それで15分ほど待った後に記入済みのカルテを渡された。再び医者のところに戻るように指示されたときのその人の表情が残念そうなので、こりゃアウトだなって感じ。まあ、一応その場で僕はマラリアなのか、と聞いてみると、ノーだってさ。へ??ノー???

改めて確認しちゃったよ。ほんとか?との疑問は消えず、医者のところに戻って再度確認。どうやらマラリアではないようだ。良かった~!!ちなみにマラリア検査は100シリング(約100円)でカルテ代との合計は200円。

マラリア疑惑の結果は白だったけど、体調を回復させるためにモロに3泊した。体調不良で休むなんていつ振りだろう。食中毒にかかったネパール以来か。そうこうしている内に雨季が迫っているのである。


エレメンティタ湖の近く、ナイロビとナクルの間の街ギルギル(gilgil)のヤギ肉の産地。至高のヤギ肉は絶品である。「今まで食べたヤギ肉の中」で一番うまい。多くのトラックがここの肉を仕入れに来ていた。


僕が食べたレストラン。

ナクルの街。

500シリング(約500円の部屋)。トイレ、シャワー付。wifiはなし。


New highlife hotel


意識がもうろうとしながら漕いでいた。


マンゴーは1つ20シリング(20円)


モロの街ね。


さーて病院にやってきました。


マラリア検査をした病棟。


病院っぽさがない!


病院への道。


治すのに栄養は欠かせない。


休養の間はマンゴーをつまみながら本を読んだり葉書を書いたり。


ビクトリア湖で採れた魚。


100シリング(100円)の魚を購入し、フィッシュカレーにした。


グリーンガーデンロッジね。

体調が回復したところで、朝日と共に出発!

ケニア関連記事

旅の記事
[ケニア]ケニアに入って思うこと
[ケニア]危険都市ナイロビに来る日がやってくるとは、、、
[ケニア]ヘルズゲートでサイクリングサファリ
[ケニア]フラミンゴが無料でいっぱい見ることが出来る湖
[ケニア]同じ言葉を使う仲間
[ケニア]マラリア??
[ケニア]自転車で赤道を越えるということ
[ケニア]オバマの祖母の家

帰国後の記事
ナイロビで僕が泊まった宿ジャングルジャンクションの目の前で発砲事件!!!!ガクブル
ナイロビのショッピングモールで銃撃戦。ケニアの治安は大丈夫か?

336×280

336×280

-ケニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰も知らない!時期によってはナクル湖よりも多くのフラミンゴがいる湖[ケニア]

ナイバシャ湖の南西にオロイディエン湖(Oloidien Lake)がある。泊まっていたフィッシャーマンズキャンプからは10kmほどの距離。フラミンゴがいっぱいいるよ、という話を聞いたので行ってみること …

ケニア・ウガンダの雨季の降水量とエレメンタイタ湖とフィッシャーマンズキャンプ

雨季が近付いていた。向かう先のウガンダの降水量グラフを見ると、3月の150mm程度の降水量が4月には300mm近くに跳ね上がる。5月も250mmほど。3月下旬あたりから雨季が始まるのではと推測していた …

ケニアとタンザニアの国境と違い

国境を跨ぐことに慣れることはなく、タンザニアからケニアへ渡るナマンガの国境でも緊張感を持っていた。ただ、モーリタニアとセネガルの国境越えのように国境の街で宿泊することはなく、自転車で走ってきて日中に抜 …

[近況]2012年3月20日ケニアナクル:夢を語りあう

旅を続けて743日目。 ナイロビから北に170km程いったところにあるケニア第4の都市ナクルに来るまでにえらく時間がかかった。ナイロビに着いたのが3月6日で、ナクルへ到着した昨日が3月19日までを数え …

[近況]2012年3月27日ケニアブシア(Busia):マラリア検査

旅を続けて750日目。 久しぶりに体調を崩した。いわゆる風邪の症状で寝込んだ翌日、まさかのマラリアか?と病院へ行く。思い当たる節はあって、というかありありで、夢を語り合った湖畔のキャンプ場で蚊にいっぱ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。