アグリコラ勝手に日本一決定戦+研究会の結果発表と成績上位者のカード評価まとめ

どーも。アナログゲームを普及する会代表のボードゲームマスター「タカ(@viatortaka)」です。

アグリコラという農業をするボードゲームがある。この記事を読んでいる方はご存じだと思うので、もはや説明は不要だろう。そのアグリコラの勝手に日本一決定戦+研究会を企画した。概要は以下。

アグリコラ勝手に日本一決定戦+研究会の概要(弱虫ペダル風な大会予定)

嬉しいことに21名の方々が東京、京都、名古屋といった場所から農業に勤しむために駆けつけてくれた。集まった参加者の中には今年(2017年)世界選手権に日本代表として出た2人(内1名は世界2位)や2016年の日本選手権1位の方などがおり、「勝手に」日本一を決める大会とはいえ優勝者は日本一を名乗っても差し支えのないレベルの大会となった。

集合場所ではスタッフがアグリコラも持ってうろうろして参加者を探した。アグリコラを持った人がいるという案内は出さなかったが、一目瞭然だったであろう。そうして愛知県新城市の古民家に生粋のアグリコラー達が集った。

今回はアグリコラ名札を作成。あむさんのセンスが光る名札となった。

全員が簡単な自己紹介。僕が主催者としてアグリコラの経歴を言うと、全体もそんな流れに。

taka
アグリコラをリアルではあまりやったことがないのでよろしくお願いします。
ぽる
アグリコラは1500戦くらいやってます。
はいや
アグリコラは1500戦くらいやってます。

300戦あたりが最低ラインだった。中には初めてまだ1年経っていないのに300戦越えている人もいた。

1日目の12時ごろから打ち始め、途中でBBQをしたものの、多くの人はひたすらアグリコラを打ち続けていた。2日目の14時の段階で12戦の対局をしていたプレイヤーはmutekiさん。アグリコラは複雑で頭を使うの中で、休まず打ち続ける体力に感嘆する。

大会の3部門の優勝者

基本的にすべての5人ゲームこと5グリで「1位10点、2位7点、3位4点、4位2点、5位1点」を加算した。同点の場合は双方に順位点を加算。仮に同点1位が2人いた場合、1位、1位、3人目の方は3位となる。

その個人の合計点を参加したゲーム数で割り戻した点を個人のランク点とし、5が真ん中くらいで全勝すると10になるようにした。

アグリコラ山岳ステージ 山王は誰だ???

アグリコラ山岳ステージは土曜日のランク点を競う。

クライマー賞受賞の山王ははいやさん!!!

なんと5戦全勝でランク点は10。圧倒的な山登りの実力を見せた。

スピード勝負ステージ アグリコラスプリンター選手権 最速の男は誰だ?!

アグリコラスプリンター選手権は日曜日に予選1試合、決勝1試合のトーナメント戦を行った。

このスピード勝負を制したのはれのーさん。圧倒的な速度で駆け抜けた。速すぎて見えなかった。

決勝卓では簡易かまどの調理場変換を事故ったものの、すべての流れを自分に向けて勝利したとのこと。

(写真は会場風景)

2日間の5グリの成績のトップは?アグリコラ日本一は誰だ??

土日の全成績のランク点トップがアグリコラ日本一。

その日本一は「れのーさん」だった。はっきり言って強すぎてびびるレベルだった。最速の男は最強のオールラウンダーでもあった。

10戦対戦したランク点は8。

順位は1位5回、2位4回、4位1回。勝率5割。

番手は1番手1回、2番手2回、4番手2回、5番手5回。5番手が5割にも関わらずこの勝率5割って・・・

平均点数は51.5点。最大点数は63、最小点数は44.

ちなみに63点のゲームでの残り1手のときの盤面写真がある。

はじめて水車が使われているところを見た。300戦は経験している猛者が集まったにもかかわらず、水車の効果が読みあげられていた。それくらい使われないカードだよね。

ちなみに成績上位者5名は
・5位 やまだ ランク点6.16
・4位 はいや ランク点6.9
・3位 koni ランク点7.11
・2位 kotton ランク点7.14
・1位 れのー ランク点8
であった。

成績上位者のカード評価を公開!!!

アグリコラ理論が2014年に発売されてから3年。アグリコラの研究はさらに続いており、最新のカード評価がみな気になるところであろう。ランク点上位5名のカード評価をここで公開したい。

アグリコラー必見である。

職業評価編

進歩評価編

ちょこちょこ評価が分かれているカードがあって面白い。

まとめ

多くの方と打てて、企画した僕自身が楽しかった。スタッフをやってくれた友人がいなかったら企画が成り立っていないので本当に感謝。

そしてアグリコラをネットばかりでなく、リアルで打ちたい欲が高まった。リアルのスピード感にまったくついていけなかった。

最後、何人かが「また企画して欲しい」と言ってくれたので、今回協力してくれたメンバーと相談してみよう。避暑地なので、来年の春~秋くらいに開催できたらいいな。それまでは修行!!!

参加してくれたみなさまありがとうございました。また会いましょう。また打ちましょう!

最後にアグリコラ戦略記事を紹介する。上位ランカーではないけどね!!!

アグリコラで40点代後半を取って勝ち負けまで持ち込む基本戦略を考察してみる【ボードゲーム攻略】
アグリコラで50点を目指すドラフト戦略考察【職業進歩の評価あり】
アグリコラの職業と小進歩カードを評価するときの考え方【初心者~中級者向け】
アグリコラのステージ1のプレイングとチェックポイント考察
アグリコラのステージ2のプレイングとステージ3への準備(戦略論)
アグリコラのステージ3の動き方とアクション計算(戦略論)

おすすめボードゲームの紹介も。

おすすめボードゲームランキングベスト50!

もっと農業しようぜ!

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です