【狩猟ブログ】鹿の捕獲率が現状と変わらなければ8年後に402万頭!若者よ、狩猟をしよう!!

どーも。ジビエ肉を廃棄したくない会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。狩猟仲間を募集中です。

産経ニュースがニュースなのにゴシップネタのようなタイトルを出してきた。増えるシカ(鹿)ないのか、だと。

増えるシカないのか シカ8年後に400万頭超 「狩猟の担い手確保が不可欠」 環境省が推計

 環境省は28日、農作物などに深刻な被害を及ぼしているニホンジカについて、捕獲率が現状と変わらなければ平成35年度には402万頭に増加するとの推計を発表した。狩猟人口の減少などが背景にあり、同省の担当者は「狩猟の担い手確保が不可欠だ」としている。

 環境省によると、24年度末の生息数は、北海道を除く全国で推定約249万頭。推計を始めた平成元年の30万頭から増加が続いており、23年度の239万頭から10万頭増えた。農林水産省によると、全国のシカによる24年度の農作物被害は約82億円だった。

 環境省は、35年度までにニホンジカの個体数を23年度比で半減させることを目指しているが、目標達成には、現在の約2・2倍のペースで毎年捕獲する必要がある。

 生息数は都府県の捕獲や目撃の数を基に推計。北海道は独自に調査しているため除外した。

このままの穂確率でいくと8年後に402万頭。24年度末が249万頭ということは年に約19万頭ずつ増えていく計算になる。増えすぎだろ・・・

以前に猟師の数と鹿の捕獲数を調べたことがある。

【狩猟税廃止か!?】ハンター減なのに鳥獣の捕獲数が増加している件について

猟師は減っていても、実は捕獲数は増えている。だが、鹿の数も増えている。60歳以上の猟師が大半である現実を考えると、猟師の数の減り具合が上がっていくのは間違いない。

間違いなく若者が猟師になることが求められているし、さらにはその肉を流通にのせて食べていくことは社会にとってプラスである。

若者よ、猟師を目指せ。狩猟をしよう!

猟師になるには?狩猟免許取得にかかった費用(愛知県・罠猟)
イノシシの解体をしてきたよ!死を避ける日本社会で命をいただくということ
イノシシ・鹿を捕獲するための箱罠の作り方【狩猟・檻】
ジビエ肉販売のための解体技術のゴールを知る!目標レベルの把握は超大事!!

ちゃお!

狩猟関係のおすすめの本と漫画

ぼくは猟師になった

ぼくは猟師になった (新潮文庫)
千松 信也
新潮社 (2012-11-28)
売り上げランキング: 2,966

千松さんは狩猟サミット2014の講師。

狩猟サバイバル

狩猟サバイバル
狩猟サバイバル

posted with amazlet at 13.03.20
服部 文祥
みすず書房
売り上げランキング: 28,105

感想を書いたよ!

[本]狩猟サバイバル-服部文祥

マタギ 矛盾なき労働と食文化

マタギ 矛盾なき労働と食文化
田中康弘
エイ出版社
売り上げランキング: 69,324

2013年に読んだ160冊の中から選ぶおすすめ本ランキングの15位。

山賊ダイアリー

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
岡本 健太郎
講談社 (2011-12-22)

こちらも感想を書いたよ!

狩猟漫画の山賊ダイアリーとブログちはるの森が面白くてかなわん!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です