狩猟漫画の山賊ダイアリーとブログちはるの森が面白くてかなわん!!

かねてから狩猟がやりたいとアピールしている僕だけど、そんな僕にうってつけの漫画を発見。その名も山賊ダイアリー。

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
岡本 健太郎
講談社 (2011-12-22)

この流れできたら分かると思うが、狩猟の漫画なのだ!サバイバル系の漫画で好きなものは幾つかあるけれど、狩猟の漫画は出会ったことがなかった。

著者は岡山で猟をしており、猟で獲ったイノシシは売れるらしい、と聞いて目を輝かせたりする。

狩猟ダイアリー (1) 狩猟ダイアリー (2)

読み進めると、ずっと気になっていたことの答えが書いてあった。カラスって食べられるんだ!!!!旅をしていたときに中国でハトを食べたんだけど、カラスも探していたのよね。見つかったら食べたかどうかは分からないけど、結局見つからなかった。

狩猟ダイアリー (3)

ちなみに僕が興味関心あるのは、ちはるの森というブログに書かれているようなこと。もちろん山賊ダイアリーで描かれている狩猟のことも該当している。

ちはるの森 | @chiharuh の日々。

台所でイノシシを解体したよ。
牛の受精がすごい!牧場行って来たよ。
今年も普通の女子が鴨を絞めて、お雑煮にしたよ。
猪&鹿&鴨の解体アゲイン。

早く狩猟を始めたいなあ。学ぶこといっぱいあるし。今は山賊ダイアリーを読んで、妄想しよっと。

狩猟関係のおすすめ本

ぼくは猟師になった

ぼくは猟師になった (新潮文庫)
千松 信也
新潮社 (2012-11-28)
売り上げランキング: 2,966

狩猟サバイバル

狩猟サバイバル
狩猟サバイバル

posted with amazlet at 13.03.20
服部 文祥
みすず書房
売り上げランキング: 28,105

感想を書いたので、良かったらどうぞ。

[本]狩猟サバイバル-服部文祥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です