チョベ国立公園のサファリ現地ツアーのコスパは異常:価格と動物情報[ボツワナ]

アフリカと言えば動物。動物といえばサファリ。そう考える人も多いのではないか。少なくとも僕はそうで、さらにサファリと言えばケニア・タンザニアだと思っていた。

セネガルからタンザニアに空路でひとっ飛びした後、タンザニアでサファリカーによるサファリケニアで自転車によるサイクリングサファリを楽しんだ。動物観賞はお腹いっぱいとなった。

ビッグ5と呼ばれるライオン、ひょう、象、バッファロー、サイを見ることが出来ていたし、サファリはもういっかという気分。そんな中でボツワナのチョベ国立公園の情報をもらった。とにかくコストパフォーマンスがいい、と。

2012年4月から値上げしたため、もらっていた情報よりは少々値が上がっていたが、朝の3時間のゲームドライブが225プラ(約2250円)、夜の3時間のクルージングサファリが190プラ(約1900円)、それに国立公園の入場料70プラ(約700円)がかかる。

ゲームドライブとクルージングサファリを同日に行けば、入場料は70プラで良い。6時から9時にゲームドライブへ行き、15時~18時にクルージングサファリに行って5000円ほどである。破格。

アフリカ大陸も終わりに近づいており、次にアフリカに来るのはいつになるか分からない。クルージングサファリはやったことないし行ってみることにした。

2つのサファリを満喫して充実の1日を過ごした後に気付いたこと。これね、価格と照らし合わせると満足度が滅茶苦茶高い。あり得ない。

ゲームサファリはビッグ5のうちサイ以外の4つを見ることが出来たし、今までのサファリで見たことのないセーブルという角が異様に格好良い鹿系の動物と出会った。クルージングサファリでは水の中にいる象と大量のカバがいた。ケニア・タンザニアでは見ることの出来なかったもの。それで5000円とはびっくりである。

とは言えタンザニアのンゴロゴロ国立公園のサファリでの、広々とした草原にうじゃうじゃシマウマやバッファローがいる様は圧巻だった。ただ、2泊3日で430ドル(約35000円)だからなあ。

ザンジバルで出会った南アフリカから北上してきた韓国人らが、ケニア・タンザニアではサファリに行かないと言っていたのも頷ける。南部で十二分にサファリを満喫してきたのだ。知名度が低いからなのか、いずれも良心的な価格。

アフリカでのサファリの値段を抑えたいなら、チョベ国立公園のサファリはすごく良い。ジンバブエ、ザンビア、ナミビア国境の近くで、ボツワナ北東部の街カサネ(kasane)のチョベサファリロッジで申しこんだ。コストパフォーマンスが信じられないくらい高い。おすすめ。

チョベゲームドライブサファリ (4)チョベゲームドライブサファリ (3)チョベゲームドライブサファリ (2)チョベゲームドライブサファリ (1)チョベクルージングサファリ (18)チョベクルージングサファリ (17)チョベクルージングサファリ (16)チョベクルージングサファリ (15)チョベクルージングサファリ (14)チョベクルージングサファリ (13)チョベクルージングサファリ (12)チョベクルージングサファリ (11)チョベクルージングサファリ (10)チョベクルージングサファリ (9)チョベクルージングサファリ (8)チョベクルージングサファリ (7)チョベクルージングサファリ (6)チョベクルージングサファリ (5)チョベクルージングサファリ (4)チョベクルージングサファリ (3)チョベクルージングサファリ (2)チョベクルージングサファリ (1)

ボツワナの記事

[ボツワナ]チョベ国立公園のサファリのコストパフォーマンスは異常
[ボツワナ]4つ星ホテルでビュッフェを食べてみた(チョベサファリロッジ)
[ボツワナ]ライオンが出る道を自転車で走る
[ボツワナ]別の惑星に迷い込んだような宿、プラネットバオバブ
[ボツワナ]オカバンゴのモコロトリップのウォーキングサファリが半端ない
[ボツワナ]アフリカで大好きになった国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です