takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

タンザニア

[キリマンジャロ登山]3.モシの安宿とツアー会社キリクライマーズ

投稿日:2012年4月7日 更新日:

モシの宿のベッドの上で仰向けになって寝ころんでいた。キリマンジャロを登る同志をツイッターで募ってからの日々が頭をよぎる。モロッコ、サハラ砂漠、セネガル、ザンジバル島、、、断片的な映像が消えては浮かんでいく。やがてそれらが遠のき、からっぽな感じとなった。無。

そこへ耳に入ってきた日本語。どうやら待ちに待った友がやってきたようだ。さっきまでの無の様態だったのが嘘のように、感覚が急に鋭敏になる。ボルテージは一気に上がり、えも言われぬ高揚感に包まれた。昂る。

約3年振りにタケの顔を見る。久しぶりで、懐かしい。ただ、その空気は声を発した瞬間に崩れ、あっという間にいつもの距離感に戻る。まるで数日前に顔を合わせたかのような。日本から遠く離れたアフリカの大地で再会を果たしたというのに、違和感など微塵もなく、すべてが必然だと感じた。

リリーとミッちゃんと顔を合わせるのは始めて。日本から長い時間をかけて一緒にやってきた3人にはすでに空気が出来ており、そこに僕もすっと入れてもらったような、そんな感じで、あっという間に馴染んだ。

雑談をしながら荷物整理。出来るなら翌日からキリマンジャロに登り始めたいという3人の意向を聞き、僕が調べた情報を伝える。ルートは全会一致でマチャメ6日間に決定。ツアー会社はキリクライマーズの方向で、まずは話を聞きに行くことに。

ツアー会社にて詳細を説明してもらう。一同の疑問にも答えてもらい、キリクライマーズで問題なさそうということになった。翌日の2月18日から出発する。日程が確定し、満を持してビールを飲みに向かった。

「乾杯!!」

改めて自己紹介を聞くと、リリーとミッちゃんは医者の卵だった。2人とも来年から研修医。ちなみにタケは薬剤師。僕はニートだけど、もうちょい良い言い方をすれば旅人。このパーティーでキリマンジャロに明日から登る。ドラクエで言うと、遊び人、僧侶、僧侶、僧侶の4人パーティー。遊び人にあたる僕にとっては心強い限りである。

1 (11)
キリマンジャロは単独峰。裾野が広がってゆく様はまるで富士山のよう。

1 (10)
乾杯!!左がリリーで右がミッちゃん。

1 (9)
まずは肉

1 (8.5)
つまみ食いして

[キリマンジャロ登山]3.モシの安宿とツアー会社キリクライマーズ (1)
タンザニアと言えばウガリ。限られた時間で食べ尽くせ!

[キリマンジャロ登山]3.モシの安宿とツアー会社キリクライマーズ (2)
泊まったのはキリマンジャロバックパッカーズ。ドミトリーは5ドルで朝食付。4人で泊まると部屋が貸し切れる。

[キリマンジャロ登山]3.モシの安宿とツアー会社キリクライマーズ (3)
キリマンジャロを眺めながらコーヒータイム。

[キリマンジャロ登山]3.モシの安宿とツアー会社キリクライマーズ (4)
働いているお姉さんの愛想良し。

[キリマンジャロ登山]3.モシの安宿とツアー会社キリクライマーズ (5)
護衛はマサイ族。

[キリマンジャロ登山]3.モシの安宿とツアー会社キリクライマーズ (6)

1 (0)
こちらがキリクライマーズの食事表。だいたいこの通りだった。

キリマンジャロ登頂への道

[タンザニア]キリマンジャロ1 ツイッターから始まった!
[タンザニア]キリマンジャロ2 ルート選択とツアー会社
[タンザニア]キリマンジャロ3 遊び人僧侶僧侶僧侶
[タンザニア]キリマンジャロ4 キリマンジャロがタンザニアにある理由
[タンザニア]キリマンジャロ5 夢ついえる
[タンザニア]キリマンジャロ6 景色が最高の日
[タンザニア]キリマンジャロ7 御来光って食えるの?食えないならいらない。
[タンザニア]キリマンジャロ8 頂上の手前で感極まる
[タンザニア]キリマンジャロ9 七大陸最高峰1つ目
[タンザニア]キリマンジャロ10 時の流れについて想う

336×280

336×280

-タンザニア
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タンザニアのサファリ現地ツアーの価格(2泊3日)

キリマンジャロ登山を終えた日が2012年2月23日。タケとリリーとミッちゃんの帰国便が26日の夕方のため、残された2泊3日の時間でサファリに行くことに。タンザニアのサファリと言えばセレンゲッティ国立公 …

[近況]2012年2月3日タンザニアザンジバル島:一番大事なこと

旅を始めてから697日目。 暫くの間、ブログのサーバーが故障していました。楽しみに見に来てくれた方、ごめんなさい。サーバーは大学の先輩に善意で管理してもらっており、逆に今までトラブルなく運営してもらっ …

[キリマンジャロ登山]6.雪とひょうとテント泊

マチャメルートの3日目のコースは、標高約3700mのシラーケーブから一旦4500mまで登り、3900mのバランコキャンプを目指すもの。日中に標高を上げて宿泊地の標高を下げるというのは高所順応に良いので …

[キリマンジャロ登山]10.登頂の歌とバランコキャンプのテント泊と御来光

2012年2月23日。キリマンジャロ登山6日目の朝。 山頂から下りてきた後は完全にへたばっていたのに、朝の目覚めは素晴らしく良かった。標高4600mに身体は順応したようだ。トイレに行きたくなり、意を決 …

自転車用サイドミラーをサングラスに取り付ける。マサイ族がモデルに!

自転車旅をするなら、サイドミラーはあった方が良い。顔を後ろへ向けずに後方から来る車両を確認できるのは便利で安全。オランダで自転車を盗まれるまではハンドルにサイドミラーを取りつけていた。イギリスで新たな …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。