木で彩られる町トルテルはジブリの世界[チリ tortel]

一歩足を踏み入れただけで、胸が踊りわくわくした。町そのものが纏った独特の雰囲気が魅力的で、歩き回らざる負えなかった。町のほとんどのものが「木」で構成されているその町は道がなく、歩くところは通路と呼ぶ方が相応しかった。家屋、通路、電柱、公園、ゴミ箱、銅像など全てが木で作られており、足を動かしてぐるぐると歩き回るだけで楽しかった。

その町の名はトルテルと言い、アウストラル街道(7号線)から20km強程外れたところにある。辺鄙なところにあり、普通に旅をしていたらまず寄ることはないだろう。自転車でアウストラル街道を走っていてもスルーする人が多いくらい。この町に寄って良かった。宮崎駿の作品のモデルになりそうな場所だと思った。

R0015256 R0015265 R0015268 R0015270 R0015278 R0015280

アウストラル街道の記事

[アルゼンチン]アウストラル街道への道(前編)
[アルゼンチン]アウストラル街道への道(後編)
[チリ]カレテラアウストラル(carretera austral)
[チリ]アウストラル街道(villa ohiggins-cochrane)
[チリ]アウストラル街道(cochrane-cerro castillo)
[チリ]アウストラル街道(cerro castillo-villa amengual)
[チリ]アウストラル街道(villa amengual-puerto cisnes)
[チリ]アウストラル街道とフェリー(puerto cisnes-quellon)
[チリ]自転車乗りの仲間意識
[チリ]木で彩られる町トルテルはジブリの世界そのもの(tortel)
[チリ]小学校の授業に参加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です