アウストラル街道への山道(後編)

昨日は約35kmの絶景とオフロードを走った後、ラゴ デシエルトという湖を渡るボートに乗り、対岸でキャンプをした。本日はそこでアルゼンチンの出国手続きをした後に7kmのトレッキングルートを越えることになる。これが困難を極めるのだ。

朝、テントの中で目を覚ますと、ぽつぽつとテントのフライシートに水が当たる音がした。激しい音ではないので、小雨である。1日の予備日があったので、今日は避けて明日行くことにするか思案する。明日も雨が降る可能性や、道がぬかるんだり、川が増水することを懸念し、今日出発することにした。

このトレッキングルートの何が困難なのか。普通に歩いたら、たかだか2時間の道であるが、自転車を運ぶとなると話は別となる。当たり前だがアップダウンがあり、荷物をつけると50kg以上はある自転車を押していくだけでも大変。更に、部分的に荷物を外さないと道幅が細いため通れないところもある。僕は自転車+一部の荷物、と、荷物に分け、荷物を先に運び、ある程度進んだら自転車のところに戻り、自転車を運ぶことを繰り返した。苛酷な道だった。

R0014982 R0014984 R0014987 R0014989 R0014994 R0015021 R0015026 R0015032 R0015038 R0015064

アウストラル街道の記事

[アルゼンチン]アウストラル街道への道(前編)
[アルゼンチン]アウストラル街道への道(後編)
[チリ]カレテラアウストラル(carretera austral)
[チリ]アウストラル街道(villa ohiggins-cochrane)
[チリ]アウストラル街道(cochrane-cerro castillo)
[チリ]アウストラル街道(cerro castillo-villa amengual)
[チリ]アウストラル街道(villa amengual-puerto cisnes)
[チリ]アウストラル街道とフェリー(puerto cisnes-quellon)
[チリ]自転車乗りの仲間意識
[チリ]木で彩られる町トルテルはジブリの世界そのもの(tortel)
[チリ]小学校の授業に参加

1 個のコメント

  • 元気ですか?
    鈴木です。
    今、日本は4月4日(日)12:40です。

    休日の誰もいない事務所で一人仕事をしております。
    休憩中、なんか虚しくなって、ふと孝浩のことを思い出して、サイトを探してみました。

    お陰で、少し仕事のやる気が沸きました。
    ありがとう。体だけには気をつけて旅してください。

    ではでは、また覗かせていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です