【狩猟ブログ】タヌキの肉をはじめて食べた!たぬき汁とはやはりアナグマなのだろうか?

どーも。ジビエ肉を廃棄したくない会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。狩猟仲間を募集中です。

「たぬきを解体しましたけど持っていきましょうか?」

え?

えええ???

自然人倶楽部というアウトドアサークルの後輩からの連絡である。いつからそんなこと初めてたのよ。クライミングの世界チャンピオンがいたり、毎年自転車日本一周する人がいたりと、あなどれないサークルだと思った・・・

杉本怜~クライミング世界チャンピオンと早稲田大学自然人倶楽部OB会で出会う
自転車日本一周を大学生の夏休みにする方法【費用・持ち物・ルート・日数など】

人生ではじめて自分で解体したのがタヌキといううめちゃんが持ってきてくれたのがこの四肢。

たぬきの肉をはじめて食べた!狸汁とはやはりアナグマなのだろうか? (1) たぬきの肉をはじめて食べた!狸汁とはやはりアナグマなのだろうか? (2)

塩コショウ、ニンニク生姜しょうゆ漬け、揚げで食べてみた。脂が少ないのは鹿に近く、鹿よりもクセがある。臭みとは違う獣臭。

たぬきの肉をはじめて食べた!狸汁とはやはりアナグマなのだろうか? (3)

たぬき汁はおいしい!という話はあるが、狩猟関係の本を読んでいるとたぬき汁に入っていたのはアナグマなのではないかという記述がある。

確かにたぬきを煮込んでも良い出汁はでなさそう。そしてアナグマはかなり美味しいと聞く。

アナグマを食べてみたい!!!!

というわけでうめちゃん次はアナグマをお願いします。ありがとね。

ちゃお!

狩猟関係のおすすめの本と漫画

ぼくは猟師になった

ぼくは猟師になった (新潮文庫)
千松 信也
新潮社 (2012-11-28)
売り上げランキング: 2,966

千松さんは狩猟サミット2014の講師。

狩猟サバイバル

狩猟サバイバル
狩猟サバイバル

posted with amazlet at 13.03.20
服部 文祥
みすず書房
売り上げランキング: 28,105

感想を書いたよ!

[本]狩猟サバイバル-服部文祥

マタギ 矛盾なき労働と食文化

マタギ 矛盾なき労働と食文化
田中康弘
エイ出版社
売り上げランキング: 69,324

2013年に読んだ160冊の中から選ぶおすすめ本ランキングの15位。

山賊ダイアリー

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
岡本 健太郎
講談社 (2011-12-22)

こちらも感想を書いたよ!

狩猟漫画の山賊ダイアリーとブログちはるの森が面白くてかなわん!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です