takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

トルコ

イスタンブールで有名なサバサンドの値段は4リラ(200円強)

投稿日:2011年6月7日 更新日:

23

22

トルコ人の99%はイスラム教徒である。だが、そこまで厳格ではないようで、ベールに身を包んだ女性もいれば、そうでない女性もいる。

21

20

19

街の至るところでモスクが存在感を表わしており、それらが街の空気を作り出しているように思う。

18

17

16

15

14

13

12

11

公園のベンチは数多く設置されているにも関わらず埋まっていることが多く、緑の上で談笑している人も多い。チャイを片手にいつまでもしゃべっている。

10

9

8

7

6

イスタンブールで有名なサバサンド。パンにサバを挟んだだけのものだけれど美味しい。なぜか日本を思いだすのは何故だ。4リラ(200円強)。

5

朝は自炊していた。パンのレベルが非常に高く、朝7時過ぎくらいの焼き立てのパンに、卵料理を添えて、後はアイランという甘くないヨーグルトジュース。ネパールに来てくれたナベちゃんのお土産のわさび茶漬けを食べたり。

4

3

夜ご飯は、宿の皆で材料費を出し合って作るシェア飯が多かった。コックを担ってくれた管理人の方のレベル高し。

2

1

ネパールからがらっと様変わりしたトルコの空気に馴染むため、4日イスタンブールに滞在した。その間はこんな感じで過ごしていた。もっと滞在しても良かった街。

トルコの記事

[トルコ]匂いと予感
[トルコ]空気に馴染むまで
[トルコ]日本一周の次に考えたこと
[トルコ]ルートチョイスと子供の笑顔
[トルコ]学生に取り囲まれる
[トルコ]再び学生に取り囲まれる
[トルコ]泊めてもらう
[トルコ]トルコは親日なのか

336×280

336×280

-トルコ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トルコが親日なのは嘘ではない!その理由を自転車旅で考えた

トルコに興味があったことはすでに書いたけど、以前から「イスタンブール」という言葉が妙に気になる響きを持っていると感じていた。東洋と西洋を隔てる都市と昔学校で習ったことが、魅惑のイメージを植え付けたのだ …

トルコの学校で生徒に取り囲まれて写真三昧

先ほど学校で1時間弱の時間を学生たちとわいわいして過ごした。バイバイとお別れして走り出そうとしたところで、違う女の子たちに声をかけられた。 「私達の学校にも来てよ。」 そりゃあ勿論いいですとも。嬉しい …

ネパールが陸の孤島なので、飛行機でトルコへ

ネパールは陸の孤島である。どういうことかと言うと、北はチベットでツアーでないと抜けられない。よって自転車で行くことは不可。南にはインドがあり、そこから東はミャンマーが通れないので不可。インドから西に向 …

トルコ人学生の性格と写真

いつからか学校に反応するようになっていた。学生のものと思しき声が耳に入ると校舎や校庭を探してしまう。制服姿の子どもたちを見ると付近をちょっと探索するときがある。うまいこ学校を見つけたら、ちょっと立ち止 …

優しきトルコ人に泊めてもらう

トルコがヨーロッパなのかという問題はさておいて、トルコから始まったヨーロッパチャリは想像以上に快適で喜びに満ち溢れていた。まず、気温がちょうどいい。日中走っているときはTシャツ一枚で夜間にはフリースを …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。