takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

チベット

[チベット旅行]17.チベット人の土と木で建築される家づくりに参加

投稿日:2011年4月30日 更新日:

50

道中で稀に桜を見かけた。まだ3月13日と日本の開花時期と比べて早いけど、桜に春を感じてしまうのは日本人の心だろうか。

48

「おーい、おーい。」
自転車に跨ってチベットの家づくりの様子を見ていると声をかけられた。

49

家はまさに桜の木の横に建てられようとしていた。

47

声をかけてきてくれたのは彼ら。

46

10数人の男たちが家の壁となる場所の上で作業をする。

45

長板で壁を挟み込み、そこを足で踏み固め、木製のオールのようなものでさらに叩き固める。しっかりと固めた後は、挟みこんでいる長板を引き上げ、さらに土を盛るのだ。そしてそれを固める作業を繰り返す。非常にシンプルに壁を作っていく。

44

男が持っているのが木製のオールのようなもの。

43

僕は日本で不動産会社に勤めていたので、建築現場に足を運ぶことがしばしばあった。けれど日本の家づくりとチベットのそれは似ても似つかない。

40

一方で家の横の土を掘り込んでいる男がいる。こちらは3人。

42

掘った土を運ぶのは主に女の仕事。

41

幅の狭い木製のはしごを、土の入った重い荷を背負って登る。

39

傍目に見えるよりずっと不安定。

38

壁の土を固めた後、壁を挟み込む長板をちょっとだけ上部に引き上げてさらに土を盛る準備が整ったとき、土を運ぶ女たちに合図をする。すると一斉に女たちが土を持って来るのである。

37

家づくりをするチベット人は楽しそうだった。

36

日本で見た現場にこの和やかさはなかったな、と思う。

土を叩き固める男と土を運び混む込む女。動画でご覧あれ。

35

チベット文化圏を自転車で走っていると、家をつくっている風景は至るところで見かける。それに携わっている人は一度に30人を超えていることが多く、町ぐるみで家づくりをしていると予想される。

34

頑張れよ、と最後に一言もらう。皆笑顔でバイバーイと声をかけてくれるのが嬉しくて、名残惜しい。

チベットの道

[チベット]1.全ては始まった
[チベット]2.まさか再び会えるとは
[チベット]3.何が足りないのかが分かった
[チベット]4.そうは問屋が卸さない
[チベット]5.必要な時間
[チベット]6.チベットとはこんなところだよ
[チベット]7.風邪+高山病+峠+夢
[チベット]8.警察に連れて行かれた
[チベット]9.思い込み
[チベット]10.標高4000mにて絶景の道
[チベット]11.チベット人の家に泊めてもらう
[チベット]12.出発して5分後にチベット人の家に招かれる
[チベット]13.鳥葬を見て死を想う
[チベット]14.勇気ある撤退と旅のパートナー
[チベット]15.チベット人の結婚式に参加
[チベット]16.浴室に泊まる
[チベット]17.チベットの家づくりに参加
[チベット]18.チベットの学校潜入

336×280

336×280

-チベット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[チベット旅行]13.鳥葬を理塘で見て死生観が変わる

鳥葬、って聞いたことありますか? 日本で人が亡くなったときに行う葬令の多くは火葬である。世界には様々な形式の葬令があって、例えば土葬は日本でも近代までは一般的であったと言う。僕が見たことがあるものは、 …

[チベット旅行]12.チベット料理とバター茶とコーラ

昨晩はチベット人の家に泊まらせてもらった。朝ごはんを食べさせてもらい、9時半頃に見送ってもらったのだ。そして走り出して5分後のことだった。まだ町から抜け出しておらず、道の両脇に土色の家が並んでいる。そ …

[チベット旅行]10.標高4000m以上の絶景の道と強風

思わず叫んでしまった。僕の声は木霊せず、連なる山々の間に吸い込まれていった。標高4000mを越える尾根伝い続く道は遮るものなど何もない。場所によっては道がどこまで続いているのか皆目見当つかないほどに見 …

[チベット旅行]8.雅江で公安(警察)による違法宿から移動とチベットの正月

雅江に20時頃に辿り着くと、暗い道の中で前を走っていた2人が忽然と姿を消した。警察に捕まっているのが見えたのでさくっとスルーしても良かったのだが、特に悪いことをしているわけじゃないので、僕もそこに寄っ …

[チベット旅行]2.成都から康定を経由してラサを自転車で目指す

チベットを超えて目指す先はネパールのカトマンズ。好きな山岳小説である夢枕獏の「神々の山嶺」の舞台でもあり、兼ねてから気になっていた場所。トレッキングやカヌーも楽しめそうだし、3月末で会社を辞める友人が …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。