takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

チベット

[チベット旅行]15.チベット人の結婚式に誘われたよ!写真あり!

投稿日:2011年4月28日 更新日:

理塘から45km走って来た。今朝は鳥葬を見てからの出発であったため、そのときには20時近くで辺りは完全な闇に包まれようとしていた。道を逸れたところに村があり、そちらに宿と食堂があることを願って向かう。村の入り口で、5人程の人影から声をかけられた。もう暗がりで、どんな人たちなのかは分からない。いずれにせよ宿を確保しなければならないので、声をかけてきた方向に自転車を押して近づいていった。

顔が分かる範囲まで寄ると、5人は若者であった。僕は村にある宿のことを尋ねた。とはいってもチベット語を話せないので、ジェスチャーで、である。すると彼らは村に宿はないと言い、何泊するんだ、と聞いてきた。1泊と答えると、ならばうちに泊まっていいよ、と言ってくれた。この会話はすべてジェスチャーで、しかも滞りなく行われた。一緒にいたノロタ君は驚きの表情を浮かべていた。

案内された家屋は1階建てで長方形の形をしていた。壁際が椅子になっており、その前にテーブルがある。テーブルの上には多くの食べ物や飲み物が所せましと並んでいた。テーブルの前のオープンスペースで、女性たちが鳴り響くチベット音楽に合わせて輪になって踊っていた中に僕らが入った途端、一斉に目線が向けられる。ここでの第一印象は大事で、「タシデレ」とチベット語で笑顔を向けると、皆の眼が穏やかになった。

案内してくれた若者の1人がご飯や飲み物を用意してくれて、その空気が周りにも伝染したのか皆から歓待を受ける。もうくたくたに疲れてお腹も減っている状態だけど、話せない言語とジェスチャーで周りとコミュニケーションを必死に取る。本当に有難い好意を示してくれた方々を失望させないように頭をフル回転させながら空気を読み、自分という人間を相手にどれだけ受け入れてもらうかを試しているこの時間が好きだったりする。流石に疲労が隠しきれなかったのでお先に宴の家屋を失礼した。就寝用の場所を案内してもらって寝たのは、ノロタ君と2人で1つのベッド。それはもう充分な話で、他の方々がソファーで寝ていた。しっかりと客人として扱ってもらっていた。

R0010961

R0010968

R0010966

R0010964

R0010962

R0010980

R0010981

翌朝目を覚まして昨晩飲み食いして騒いでいた家屋の方を訪れると、なにやら昨日とは違う雰囲気。わけがわからずしばらく様子を見ていると、昨日の晩に写真を撮らせてもらった女性が着飾って俯いており、その瞳からは一筋の涙が流れている。状況や周りの反応と合わせて考えると、、、結婚!?

ということは、昨晩の催しは結婚の前夜祭!そんな大層なものによそ者である僕らを混ぜてくれたのか。プライベートな宴に図らずしも図々しく参加してしまった申し訳なさと、滅多に見られないものをひょんなきっかけから体験出来た嬉しさと、交錯した感情が持ち上がって中でただ驚きは隠しきれなかった。その上で被さってきたのは大きな大きな感謝の気持ち。

R0011006

左側が花嫁。

R0011010

祭司っぽい人がサングラスをかけて怪しすぎる。

R0011015

こんな車でお出迎え。荒野に向かっていく車と家族の別れのシーンは、日本の結婚式とはかけ離れており、それは違う趣があった。

R0011017

花嫁を乗せた車を見送った後、その余韻が冷めて去りどきを逃さないようにささっと準備し、僕らも見送られたのだった。

チベットの道

[チベット]1.全ては始まった
[チベット]2.まさか再び会えるとは
[チベット]3.何が足りないのかが分かった
[チベット]4.そうは問屋が卸さない
[チベット]5.必要な時間
[チベット]6.チベットとはこんなところだよ
[チベット]7.風邪+高山病+峠+夢
[チベット]8.警察に連れて行かれた
[チベット]9.思い込み
[チベット]10.標高4000mにて絶景の道
[チベット]11.チベット人の家に泊めてもらう
[チベット]12.出発して5分後にチベット人の家に招かれる
[チベット]13.鳥葬を見て死を想う
[チベット]14.勇気ある撤退と旅のパートナー
[チベット]15.チベット人の結婚式に参加
[チベット]16.浴室に泊まる
[チベット]17.チベットの家づくりに参加
[チベット]18.チベットの学校潜入

336×280

336×280

-チベット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[チベット旅行]11.宿泊させてもらい、チベット人の風習・性格・食事などを知る

標高4000mを超える絶景の道を下った後、小さな町があった。その町には宿がなかったので、商店で食糧を買いキャンプ出来る体制を整えた。聞いてみると一山越えた10km先の町に宿があるという。疲労困憊だった …

[チベット旅行]2.成都から康定を経由してラサを自転車で目指す

チベットを超えて目指す先はネパールのカトマンズ。好きな山岳小説である夢枕獏の「神々の山嶺」の舞台でもあり、兼ねてから気になっていた場所。トレッキングやカヌーも楽しめそうだし、3月末で会社を辞める友人が …

[チベット旅行]13.鳥葬を理塘で見て死生観が変わる

鳥葬、って聞いたことありますか? 日本で人が亡くなったときに行う葬令の多くは火葬である。世界には様々な形式の葬令があって、例えば土葬は日本でも近代までは一般的であったと言う。僕が見たことがあるものは、 …

[チベット旅行]4.中国ビザの1ヵ月延長は康定で可能

チベットを自転車で走る大きな問題の1つにビザがある。香港で1ヶ月ビザしか取れなったので、このビザをうまく使ってチベットを抜ける必要がある。中国はビザの1ヶ月間の延長は2回まで出来るので、それを活用しな …

[チベット旅行]3.星空を見てアウトドア世界一周について考える

目を覚ます。身体は温かいのだが、顔だけを冷蔵庫に突っ込んでいるのではないかというように冷たい空気に触れていた。成都から出て4日目になる夜は、テントを張らずにマットの上に寝袋の中に包まって寝ていたのだ。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。