takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

メキシコ

お世話になったメキシコ人への偽り

投稿日:2010年2月14日 更新日:

エドガーから始めて声をかけられたとき、自転車で旅をしていることは伝えたものの、2年かけて世界一周をするつもりということは伝えていない。これはお金を持っていると思われ襲われないための1つの防衛手段であり、悪意があって隠しているわけではなかった。

出会ったときはまさか5泊もお世話になるとは思っていなかったので、特に改めて伝えることもなく日々を過ごしていた。彼と彼の家族は僕がお金を払おうとしても、全てのものをご馳走してくれた。円のコインとお札を見せて欲しいと言われたときに持っている円をプレゼントしたので実際は幾らか渡したことにはなるのだが、基本的にお金は受け取ってもらえなかった。
そして打ち解けた3日目のこと。

僕「明日メキシコシティに行こうと思う。」
エドガーと家族「まだいれば良いじゃない?なんで?」
僕「メキシコシティでキューバに行く準備を早めにしたいんだ。」
エドガーと家族「何を急いでいるの?キューバに行ったあとはどうするの?」

そこで頭によぎった一瞬の迷い。その後に南米に行こうと思っていること、世界一周をしようと思っていることは言うべきなのか?言って良いのか?貧しそうな旅人をお世話しているといった雰囲気も多少あり、彼らの経済力からは考えられないことを伝えることで、今までの関係性が壊れることを僕は反射的に恐れたのだ。少々ためらった後、僕は言葉を濁した。

僕「まだ決めてないんだ。」

と。その後さらに2泊するのだが、結局伝えられずに別れのときを迎えた。

甘えたことなのかもしれない、失礼なことなのかもしれない、傲慢なことなのかもしれない。お金を貯めていつか日本に行くことが夢なんだって語った彼に、次は南米に行って、ヨーロッパにいって…と嬉々として語るのは必ずしも良いこととは思えなかった。経済的に恵まれた国に生まれた者の不誠実な言い訳でしかないのだろうか。どう振舞えば良かったのかという答えは未だに見つけられずにいる。

でもなぜだろうか。彼と次に会うときには真実を語り合え、一層の友情が育める気がしてならないのだ。そう思えることが救いとなっていることは確かである。

※エドガーとの記事
 ・[メキシコ]エドガーとの出会い(12月30日)
 ・[メキシコ]エドガー家の大晦日(12月31日)
 ・[メキシコ]エドガー家での年始(1月1日、2日)
 ・[メキシコ]エドガー父方の家での年始(1月3日、4日)
 ・[メキシコ]エドガーへの偽り

336×280

336×280

-メキシコ
-,

執筆者:


  1. ぼらぎのーる より:

    それが一番いい答えなんじゃない?
    経済力の違いだけで友情が壊れることはないとは思うけど、・・・だよね。
    その気遣い、大切だと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テピックでメキシコ人とスケート(1月3日、4日)

エドガーは父とテピックに住んでいる。テピックはマサトランより南に車で4時間程度のところで、エドガーが彼女や友人に是非紹介したいから一緒に来て欲しいと言われて行くことになった。 移動した日の夕方にエドガ …

メキシコの変な模様の犬

メキシコの変な模様の犬は3枚目だよん。他はメキシコの写真なり~。 泊まった宿の前での1枚 メキシコの大手パンメーカー。貧乏! この犬おかしくねえ? ミッキーマウス キリスト教国家の日曜日 サンフランシ …

マサトランでメキシコ人とクラブ(12月30日)

バハカリフォルニア半島の縦断を終えラパスから本島のマサトランへのフェリーの中で2人の少年と1人の少女に声をかけられた。英語を話せるのは3人の内1人で、彼はエドガーと名乗った。日本に興味があるという18 …

サンフランシスコ村の壁画ツアー2[メキシコの世界遺産]

2日目の朝は周りが明るくなった7時過ぎに目が覚める。谷の底にいるため冷えるので、ダウンジャケットをはおって散歩。昨晩の焚き火の残った熱で火を起こしコーヒーを作る。こういった時間が心を和ませるのだ。9時 …

メキシコの着物美人

国境の町ティファナから南に100kmほど海岸線に沿って下るとエンセナダという港町がある。バハカリフォルニア半島の太平洋側の海岸線では随一に規模がでかく、ロサンゼルス等からも車やクルーズで人が流れてくる …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。