富山南砺市の巨大アースバックハウスは必見!形はまるで○○○

どーも。衣食住を見つめ直す会代表のセルフビルド侍タカ(@viatortaka)です。

意外に伝わらなくびっくりしていることがある。

taka
自分で家を作るって男のロマンだよね

えっ?みたいな反応が返ってくることが多く、むしろ女性陣から「ロマン分かる!!!」といった声が。家づくりって男に刺さるコンテンツかと考えていたけれど、女性の方に評判が良い。

家を自作したいと調べ続けて魅せられたものがアースバックハウス。土嚢を積み上げる家で、2017年3月から作り始めた。直径3mドームは5月の上棟し、7月に外装モルタルを塗りと内装しっくり塗りを終えたところ。

末尾に僕のアースバックハウス作りの記事を載せておくので興味がある方はどうぞ。当記事はアースバックハウスを富山の南砺市に見にいってきた話で、アースバックハウスってどんなものよという方も、この先に写真で紹介するのでご安心を。

富山南砺市の巨大アースバックハウス

僕がアースバックハウスを作るときにも来てくれたベベさんが作り途中のアースバックハウスが富山にある。田んぼの裏手にある巨大なハウスの奥には素晴らしい景色が広がっており、その一体の眺望に度肝を抜かれた。

もう少し近づいてみる。

さらに近づいてみる。

で、でかい(月並みなコメント)

某男性1号
これ、何かを彷彿させますよね、、、

某男性2号
つーか男性器の形だよね。ち○こ!

あわわわわわ。

ま、確かに。。。

某男性1号
ラブホテルにするしかないですね!子宝に恵まれるの間違いなしですわ。

実はちょっと前まで世界遺産に指定された岐阜県白川郷の合掌造りの家を見てきた。合掌造りの屋根も、こういった形で使うと卑猥なものになるのだと無駄に感心。まさか下ネタにもっていくとは、やるなベベさん。(↓に合掌造りの家の写真)

くだらない話はさておき、中を見てみよう。改めて書いておくが、まだ作り途中である。

360度カメラシータを持っていけばと後悔するほどサイズ感が伝わらない。いや、これ大きいということを体感するとびっくりするのよ。

直径3mドームを作っている立場としては、作業量に眩暈を覚える。想像すると涙が零れそうになった。。。

すでに2年経っていると言うが、いつ完成するのか???

これを一発目に作ろうと思ったことを尊敬するし、逆に言えば熱意があるときにこの規模にトライしないと小さくまとまってしまう気もした。

場所は富山県南砺市立野原東 立野原東977の八百楽農園。東海北陸自動車道の城端インター近く。

八百楽農園

こちら見に行ってもいいみたい。アースバックハウスに興味がある方は必見レベルのおすすめスポット。白川郷から30分くらいだし、合わせてどうぞ。

ちゃお!

アースバックハウスの作り方のエントリー

アースバックハウスを愛知県新城市で作り始めたよ!そこでBBQやイベントやりたい方募集!
アースバックハウスが上棟!今後は外装→内装と進めていきます!【写真豊富】
アースバックハウスの外装モルタル塗りが難しい。色はどうしようかな?
アースバックハウスの外装の色決定!防水モルタルを手塗りしてみた
アースバックハウスの内装をしっくいで手塗りする方法
天窓の付け方!アースバックハウスにDIYで天窓をつける方法について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です