新城市で三浦雄一郎さんの講演会!なんで空席があるの?行くしかないでしょ!【2015年12月5日開催】

どーも。愛知県新城市が活性化することを応援する会代表のタカ(@viatortaka)です。

愛知県新城市(しんしろし)で目に飛び込んできたポスター。

どーん!!!

新城市で三浦雄一郎さんの講演会!なんで空席があるの?行くしかないでしょ!

三浦雄一郎さんの講演会があるだと!?!?!?!?

しかも無料じゃないか。ずっと聞いてみたいと思っていた方の講演がまさか新城市に来るとは。東京でやるとしても行く勢いだし、東京だったら即効で埋まっているはず。

即申込必須だと思い新城法人会に電話をかけた。

「まだ空席ありますか???」

空席はまだあるという。友人を誘いたいがまだ空席はあるのか聞いてみると、まだ結構空いているような感じの返答。

有難い!と思ったと同時に、もったいない!!!とも感じる。三浦雄一郎さんの講演だぞ。新城市民の方々、その近辺の豊橋、豊川、東栄、設楽の方々、行かなくていいの?

三浦雄一郎さんとは

三浦雄一郎さんはエベレスト登頂において世界最高齢記録保持者で、世界でも偉大な挑戦者の1人。記憶に新しいのはそれになるが、エベレストのサウスコル8000m地点からの滑降を成功させて「The Man Who Skied Down Everest」(「エベレストを滑った男」)というタイトルでドキュメンタリー映画化されたり、その後世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させている根っからの挑戦者なのだ。

ちなみに映画「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」は長編記録映画部門でアカデミー賞を受賞。各国語版に翻訳され、現在も世界各国で上映されている。

当ブログでも二度取り上げたことがある。

エベレスト登頂するための準備とトレーニング[三浦雄一郎の歩く技術]
80歳でエベレスト登頂を目指す三浦雄一郎さんにできて僕にできない理由

会場の人数が少ない方が聞きに行く僕としては嬉しい。だが三浦雄一郎さんほどの方をお呼びするのだから、やはり多くの人が詰めかけるべきであろう。なのでブログに書く。

行くしかないでしょ。

ちゃお!

私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか(小学館101新書)
小学館 (2013-04-19)
売り上げランキング: 61,576

エベレスト関連の超おすすめ本

「空へ ~エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか~」が類稀なる面白さ![登山遭難本の感想]

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です