プロ将棋棋士の持ち時間1分切れ負け動画がアホみたいにすごい!初代1分名人は阿久津主税八段

将棋には持ち時間がある。棋界最高峰のタイトル名人戦では持ち時間が各9時間あり、2日に分けて行われる。

将棋棋士が通常行う順位戦でも持ち時間は6時間あり、対局が長引けば深夜まで及ぶ。

毎週日曜日にテレビ放送されているNHK杯は早指し将棋であるが、それでも1時間半ほど。持ち時間は各10分で、それを使い切ると1手30秒未満となる。ただし秒読みに入ってから1分単位で合計10回の「考慮時間」をそれぞれ使用できる。

NHK杯を圧倒的に上回る持ち時間が1分の、秒読みなしの時間切れ負け将棋の動画が以下。

プロの凄さを垣間見ることができる。すごすぎて、なんだか分からない。

感銘を受けますわ。

プロ将棋棋士の持ち時間1分切れ負け動画がアホみたいにすごい!初代1分名人は阿久津主税八段

コメント追記

ハチワンダイバーのバチダンバチダン!のリアルバージョン、とのコメント頂きました笑

将棋関連記事

将棋の羽生善治さんがポーランドのチェス大会でグランドマスターに勝利!その実力と実績とは?
将棋の羽生善治さんがポーランドのチェス大会で6勝2敗1分で2個目のIMノームゲット!!
「将棋を根底から変えた羽生善治の凄さ」を現役プロ棋士が語る動画
2013年NHK杯準決勝の「羽生VS郷田の将棋」に鳥肌が立った!!
将棋と囲碁ってどっちの方が面白いの?→将棋VS囲碁の動画を見るべし!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です