スイス人チャリダーを襲ったインドの集団レイプ犯6人に終身刑

2013年3月15日夜に、夫と自転車旅行中に野宿していたスイス人女性が暴行された。

インドでまた強姦事件!自転車に乗っていた旅人が襲われる!!

2013年7月21日にその判決が言い渡された。

・インド、集団レイプ犯6人に終身刑 スイス人女性被害

インド中部マディヤプラデシュ州で3月、旅行中のスイス人女性が集団レイプされた事件で、地元の裁判所は20日、強姦などの罪で訴追されたインド人の男6人にいずれも終身刑の判決を言い渡した。インドメディアが21日、伝えた。

 夫と自転車で旅行中だった女性(39)は3月15日夜、同州ダティアの森林でテントを張り、一夜を明かそうとした際、20~30歳の被告6人に夫の目の前で襲われた。

 インドでは昨年12月に首都ニューデリーで女性集団レイプ殺害事件が起き、性犯罪が社会問題化。世論の怒りに押される形で、インド政府はレイプ犯罪の最高刑を死刑にするなど刑法を改正した。(共同)

スイス人女性が暴行される4ヵ月前のこと。

2012年12月16日夜に、男友達と映画からの帰りバスに乗った23歳の理学療法科の女子大生が複数の男に性的暴行を受け鉄パイプで殴られるなどした事件が起きた。

インドの強姦事件で、日本人女性がレイプされたニュースを思い出した!

こちらの事件の判決は遅れているようだ。

インド女子大生レイプ事件:加害少年の判決に遅れ、市民の怒り必至

昨年12月、首都ニューデリーのバス内で発生した女子大生レイプ事件の判決が遅れている。少年司法委員会はきのう11日、加害者の男性(事件当時17歳)の判決を7月25日まで持ち越すことを発表した。

事件は昨年12月16日、17歳の少年と男性5人がバス内で女性に暴行を加え、女性は同月29日にシンガポールの病院で死亡した。

これに対するインド市民の怒りは強く、政府に警察と司法制度の改革を要求するデモが発生。市民は迅速な裁判とこれ以上「うその約束」をしないよう、政府当局に強く求めている。

関連記事

海外旅行保険は2枚の年会費無料のクレジットカードを作っておけば大丈夫という真実
アルジェリアの邦人拉致事件で蘇る「サハラは繋がっているので危険」という言葉
海外へ行くすべての人に読んでほしい【海外で自分の身を守る方法】

インドに関するおすすめ本と映画

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも (アルファポリス文庫)
さくら 剛
アルファポリス
売り上げランキング: 17,742

ガンジス河でバタフライ

ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)
たかの てるこ
幻冬舎
売り上げランキング: 4,921

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です