メキシコを一緒に自転車で走った出堀良一が喜望峰到着!

おめでたい話題が1つ。

2009年11月~12月にアメリカ、メキシコを一緒に走ったカズこと出堀良一が喜望峰に到着した。

アラスカから自転車旅をスタートした彼は、アメリカ大陸を縦断して南米最南端の街ウシュアイアへ。そこからヨーロッパへ飛び、喜望峰まで南下してきたのだ。そろそろ丸四年のはず。

Road To World Trip “自転車”世界一周踏闘記

カズとメキシコで別れてから、もう3年半。あのときに一緒だった磯田よしゆき(ヨシ)とは再会した。再び3人でサルーできる日はいつなんだろう。つうかいつ帰ってくるんだよ!なげえよっ!!

ヨシもふたたびヨーロッパへ行くっていうし、僕の2年半の旅はなんて短かったのだろうか。そもそも出会ったときの会話を思い出すと、

ヨシ「タカの旅は何年予定なん?」
僕「2年くらいかな。」
ヨシ「えっ、2年で足りるん?」
僕「えっ、2人は何年予定?」
カズ「俺は3年半。」
ヨシ「俺は5年。」

上記の会話は世界一周するぞ!と走り始めて4日目のことだった。これから2年も旅をするのか~、と思ってしみじみとしていたところにこの会話。2年「も」が2年「しか」に変わった瞬間だった。結局僕は2年ちょいで終えたけれど、2人は相変わらず旅を続けている。

確かに2年じゃ足りなかったわ。世界を巡るには後10年くらいは必要。

旅人の時間間隔って狂っているよね。「あとどれくらい旅を続ける予定?」と聞いたときの、「う~ん、1年か2年かな。」という回答。俗世にいるとそんな返事はあり得ない。そして結局3年くらい旅を続けているっていう・・・

あの狂気の世界に戻って乱舞したい。

とにかくカズが無事に帰ってくることを願っている。最後まで気を抜かずに楽しんで!!!

メキシコでカズと一緒にいたときの写真

自転車旅の本と言えば石田ゆうすけさん

行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅

行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田 ゆうすけ
幻冬舎
売り上げランキング: 4,537

いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅

洗面器でヤギごはん 世界9万5000km 自転車ひとり旅III

洗面器でヤギごはん 世界9万5000km 自転車ひとり旅III
石田 ゆうすけ
実業之日本社
売り上げランキング: 229,324

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です