日本人チャリダーの磯田よしゆきと出掘良一と出会う[アメリカ]

サイクリストA:「Hi」
僕:「Hi」
サイクリストA:「ん?」
僕 :「ん?」
サイクリストA:「もしかして日本人の方ですか・・・?」
僕:「え、そうですけど・・・。日本人ですか?」

文字にすると馬鹿みたいな会話があった。それはロサンゼルスからサンディエゴに向かっている最中のこと。

太陽が遠慮なく光を注いでくる中、僕はひーこらひーこら言いながら坂を登っていた。時速7kmを表示しているスピードメーターに汗が垂れないように気を付けながら、右足、左足、右足、左足、と必死になって力を込めた。

まだ体が慣れていないためしんどいのか、それとも荷物が重いためしんどいのか、なんてことを考えていると、後方から来たサイクリストAが僕の横を通過した。

サイクリストAは横を向いて言った。
「Hi」

なんだか日本人っぽいなあ、と思った後の会話が冒頭のもの。

お互い立ち止まって驚き合い、サイクリストAは一緒に走っているサイクリストBが後ろにいることを僕に伝えた。とりあえず坂の上まで行って休憩がてら話をすることになり、再度漕ぎ始める。

異国で日本人サイクリストに会ったという偶然に興奮し、先ほどまでのしんどいという思いは吹き飛んでいた。登った先でお互い自己紹介をするとサイクリストAとBの名前がヨシ(磯田よしゆき)とカズ(出掘良一)であることが判明。

2人はアラスカから南下してきており、旅の期間は現在3カ月半と5カ月。2人も同じようにアメリカのイエローストーン国立公園で出会ったようだ。それ以来2人旅となった彼らが3人目の日本人サイクリストに会ったのが僕。同時期に同じ地域を回り、さらに同時間に同じ道を走ることで出会った。なんという偶然。

会った瞬間から年齢や肩書き、経験等の様々なバックグラウンドを越えた空気が漂っていた。自然な流れで夜も一緒に過ごすこととなり、酒をしこたま買い込んでキャンプ出来る場所を探す。ステーキとスパゲッティを喰らいつつアルコールを喉に通し、月の光の下で夜な夜な語り合う。旅人が集まって話が尽きることはない。

出会いこそ旅の醍醐味であると感じる。至福の時間を共有し、ポリスに起こされるまで心地よい眠りを貪った。

s-R0010386 s-R0010387

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です