takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

メキシコ

クリスマスに磯田よしゆきと出掘良一と別れる[メキシコ]

投稿日:2010年1月24日 更新日:

キリスト教国家のクリスマスに興味があった。けが人が続出するとの噂を聞き、なにかしらイベントがあることを期待してキャンプではなく町に滞在した。しかし宿のオーナー曰く、「皆家族と過ごすよ。」と。残念な男3人組はいつもより少し豪華な夕食を、少々の酒とケーキでクリスマスを祝った。

R0011663

R0011665

R0011356

R0011756

R0011677

R0011433

R0011658

アメリカで出会ってから苦楽を共にしてきたヨシ(磯田よしゆきのブログ)、カズ(出掘良一のブログ)と僕はここで別れた。2人と一緒に走った1ヶ月ちょいの間、しばしば自転車で日本一周をしたときのことを思い出した。

もう6年の月日を流れたが、当時大学2年生だった僕は夏休みに2人の友人と北海道から九州まで7000kmの道を駆けた。走っている場所も3人でいるときの雰囲気もあのときとは全然違うのだが、時折ふっと懐かしさを覚えるのだ。それぞれが日本一周を成すという想いを抱えていたことと、今回のそれぞれが世界一周を志しているところがどことなしにかぶるからだろうか。まるで身体の細胞が記憶を手繰り寄せるかのごとく、ことあるごとに2人の背中に懐かしみを感じた。

しかし、今まで自転車旅を含めた登山、カヌーなどのアウトドアを大学時代のサークル仲間と楽しむことが多かった中、今回はたまたま出会った2人との旅という点で大きく異なる。

サークルの仲間は友人、年齢、アウトドアのやり方等々バックグラウンドに共通点が多かった。今回は初対面であり、2人はすでに2ヶ月程一緒に過ごしており、今までに至るまでの生き方、旅の仕方、旅の考え方など全てにおいて違いを発見する。そこに新しい気づきがあり、己の小ささを感じたり、自らの旅のスタイルの変化を得たのことは2人に感謝したい。

別れというのはいつも後ろ髪引かれるものだけど、僕らにはそれぞれの世界一周があり、その中で1ヶ月の間3人で一緒に走れるということはなかなかないのではないだろうか。

僕にとっては出発から4日目に出会い、旅の始まりの期間を笑い合って過ごす友がいたことは本当に良かったし、色濃く鮮明に心に残った。次に会うのはこの旅の最中かもしれないし、日本に帰った後かもしれない。3人で再びサルー出来る日が今から楽しみで仕方がない。お互いの旅の無事を願って、僕は別れた。

R0011720

R0011502

336×280

336×280

-メキシコ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンフランシスコ村の壁画ツアー2[メキシコの世界遺産]

2日目の朝は周りが明るくなった7時過ぎに目が覚める。谷の底にいるため冷えるので、ダウンジャケットをはおって散歩。昨晩の焚き火の残った熱で火を起こしコーヒーを作る。こういった時間が心を和ませるのだ。9時 …

メキシコ自転車旅(出発から23日目)

何もない大地があった。道は数キロ先まで視界に入り、数日間でお腹がいっぱいになるくらいのサボテンを見た。荒野と呼ばれるであろう土地を自転車で走っていると数十キロに1軒の店、または幾らかの住宅と2,3軒の …

マサトランでメキシコ人と教会で大晦日(12月31日)

昨晩は午前3時頃にベッドに入ったにも関わらず7時に起こされる。行き先は海沿いの高台で、雲一つない空とバハカリフォルニア半島では見る事の出来なかった開発された大都市に目を奪われた。 昼はトルティーヤにチ …

自転車が転倒してあわや大けが[メキシコ]

旅に出る前に怖れていたものが2つある。それは「強盗」と「病気」である。自転車での旅を1ヶ月少々続けてみて、もう1つ追加したいのは「交通事故」。 バハカリフォルニア半島のの大半が路肩がなく、2台の車がぎ …

サンフランシスコ村の壁画ツアー1[メキシコの世界遺産]

顔を上げると、その壁にはシンプルかつ独特で何かを訴えかけてくるような絵が描かれていた。崖の中腹の窪みに残っているそれらの壁画は、人、牛、くじら、犬、鳥と認識出来るものもあれば、不明瞭で想像力をかき立て …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。