バハカリフォルニア半島自転車旅総括[メキシコ]

結論から言うと自転車で走るにはおすすめの場所である。アメリカ大陸を縦断する人はここを通過することは検討に値する。僕が走った12月は日中は少々暑く、夜は少々冷えるといった陽気だったのでベストシーズンかもしれない。

ロサンゼルスからのアクセスが容易という理由からメキシコの中では物価が高いが、人が少ないので車はさほど多くないし、キャンプもやりやすい。また、人が旅人慣れしておりやさしく、屋台のタコスやセビチェが美味しい。サボテンだらけの荒野を走るのは心地よく、半島のメインロードである1号線は海岸沿いも通っているので景色の変化を楽しめる。風は北から南に吹くことが多かったように思う。

観光ポイントとしては2,3月がシーズンのグエレロネグロ付近のクジラツアー、サンフランシスコ村の壁画、南部カリフォルニア湾側のダイビングだろう。距離はティファナからラパスで1500km程度でラパスから本島のマサトランへのフェリーは1200ペソ(約8400円)と自転車積載料金200ペソ(約1400円)と高いが、メキシコの中でも違う雰囲気が味わえるバハカリフォルニアは面白い。

s-R0010475 s-R0010747 s-R0010846 s-R0011387 s-R0011396 s-R0011399







古民家宿泊はじめました!

古民家タカハウスで宿泊事業をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。