温泉宿ではなく、水着で入る湧き出ている無料の温泉がおすすめ!(ニュージーランド旅行記4)

温泉が好きだ。

ーなぜ温泉に入るのか?-

ーそこに温泉が湧いているからー

ニュージーランドでトンガリロクロッシングをトレッキングし、ランギタイキ川をカヌーでくだる合間に、温泉を巡った。向かった先は温泉風呂付の宿、というわけではなく、自然に温泉が湧いている場所である。

これがね、温かいのよ。

先客あり。

滝壺のあたりがよさげ。

やっちゃうよね~、修行。

気持ち良かった!

これまた違う場所。両方とももちろん無料。

かなり熱い。

自然がつくりだす浴槽。

やっちゃうよね、修行。なんどでも。

川に流れ込んでおり、水と混ざったあたりの温度がちょうどよい。

引きで見た感じ。こんな景色の中で温泉に入れるってだけで、最高でしょ!ちなみにここはタウポ湖とフカフォールの間にある。

◆◆◆

自然の中にある温泉は北海道の屈斜路湖まわりにも幾つかあって、おすすめ!!湖に近づくと水温が下がるのよね。

やっぱり温泉だよね。アウトドアと温泉は切っても切れない。海外の温泉も裸で入れたらいいんだけど、そうもいかないわな。

江戸時代以前、日本の風呂屋では混浴が当たり前だった。外国人がそれに驚き、野蛮だとした。明治時代に富国強兵をかかげて開国をした際に、列強に野蛮と思われている風呂文化をどうするかとなったらしい。

1つは水着のようなものを着用して混浴、1つは裸のままで男女を分ける。選んだ道は後者。ホント良かった。

関連記事

[NZ.1]ロードオブザリングのロケ地であるトンガリロ山が噴火しとった!!(ニュージーランド編)
[NZ.2]うなぎの捌き方を知らなくたってなんとかなるさ!(ニュージーランド編)
[NZ.3]憧れのランギタイキ川カヌーは期待を裏切らなかった!(ニュージーランド編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です