イースター島とモアイと自転車

イースター島と言ったらモアイ、モアイと言ったらイースター島。行くまでのイメージはそんな感じだった。実際このモアイ達を眺めているのは楽しく、町の近くにある目があるモアイは僕のお気に入りで、ほぼ毎日見に行って挨拶していた。

R0016524

島に着いてもしばらくのんびりしており、4日目くらいにやっと腰を上げて自転車で島を一周した。その日は快晴と言って間違いない日だった。ここぞというときはいつも晴れる。実際は晴れる日をずっと狙っていたのもあるんだけどね。

R0016649 R0016648

モアイは立っているのばかりではない。うつぶせモアイもいるのだ。

R0016664

日本が協力して復元させた15体のモアイ。これだけいると圧巻。

R0016666

一体一体表情が違う。アフという名の帽子をかぶっているものもいる。ツアー客は雪崩のようにやってきて、すぐいなくなる。自転車で来ると好きなだけこいつらと一緒に時間を過ごせるのだ。ここでお弁当を食べながら、ゆっくりとした。流れる雲のスピードが速かった。

R0016691

ちょうど島の唯一の町の対岸にあるモアイ達。

R0016699

個人的な一押しはアフをかぶったこのモアイ達。心なしかモアイの表情がくるしそうなのは帽子が重いからだろうか。

R0016715

夕立ちがあり路面が濡れた。雨の後は緑が明るい気がする。

R0016719

自転車で回って良かった。日本から免許を持って来ていたらジプシーでも良かったな。

イースター島の記事

[チリ]イースター島
[チリ]イースター島 ~釣り~
[チリ]イースター島 ~モアイ編~
[チリ]イースター島 ~その他~







古民家宿泊はじめました!

古民家タカハウスで宿泊事業をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。