takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

チリ

イースター島と自転車

投稿日:2010年7月15日 更新日:

ここを南米大陸の締めの場所にして良かった。チリの首都サンティアゴから西に約3700kmのところにある島はモアイで有名なイースター島。荒々しい海に囲まれた緑輝く島に流れる空気は独特のゆったりしたもので、その空気に身を委ねていると時間を忘れ、食べる、散歩する、寝る、といった営みの繰り返しで十分だと感じる。

7泊8日の滞在期間を取った。
イースター島に行った旅人は言っていた。
「3泊あれば十分だな。」
こういう意見もあった。
「1ヶ月あっても足りないよ。」

前者は観光名所を回って満足するタイプ。後者は旅が生活に近づいているタイプ。ゆるい感じで旅を続けてきた僕は、その中間かな、という感触を得ていた。立ち去るときは少し物足りないくらいがちょうど良いと思っている中、7泊8日という期間はベストに近かったように思う。もう少しいたいけど、なんだかんだ満喫したよな、って頃合い。

イースター島は大きくなく、観光名所自体は1日あれば回れてしまう。島の全周が60kmくらいで、回る手段は車が主流のよう。その他で自転車、なかには徒歩という猛者もいるらしい。僕は一応自転車乗りということで、自転車で1周することにした。サンティアゴの宿に自分のチャリンコは置いていったので、現地でのレンタルマウンテンバイクでぐるりと走った。

物価はチリのサンティアゴの3倍くらいの水準となっており日本に近い。貧乏旅行者としては先人のアドバイスに従い、食糧と酒を買い込み本土より持参した。大量の手荷物を持って飛行機に乗り込んだ。結局イースター島で買ったものはなく、宿代と自転車レンタル代のみしか使わなかった。

R0016478

島ではテントで過ごした。テント持参で1泊4000ペソ(約800円)。

R0016484

この標識は世界でもイースター島にしかないのでは?少なくとも渋谷では見なかったように思う。

R0016486

南国チックな様子。島に町は1ヶ所しかない。

R0016489

穏やかではない海岸。孤立した島という感じがする。

R0016492

目を止める色と形。どことなく人工的な雰囲気。

R0016501

降水量が多いためか緑が豊富で、その中に咲く花は美しい。

R0016511

この島の緑は明るかった。高い木が少ないためだろうか。雨季に入っていたためどんよりとした空の日も多かったが、暗い印象はない。

R0016632

晴れた日の海は爽快の一言。すっきりした青にしびれる。

イースター島の記事

[チリ]イースター島
[チリ]イースター島 ~釣り~
[チリ]イースター島 ~モアイ編~
[チリ]イースター島 ~その他~

336×280

336×280

-チリ
-

執筆者:


  1. じぇいみー より:

    美しい島だよね。私も行きたいなぁ

    そういえば、イースター島では昔々森が多くて、人もいっぱいいたけど、
    何かがあって、森も、人もが突然なくなったって話を聞いた。

    その話は本当かどうかわかりますか?

    それとも、夢で見たか・・笑

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チロエ島のウニとセビチェ[チリ]

四度の飯の方が好きだ。自転車に乗っていると、結構カロリーを消費するらしく、幾ら食べてもまた腹が減る。食べること好きにとっては魅力的なことである。 アウストラル街道からフェリーで渡ったチロエ島は海産物が …

自転車旅で見るチロエ島の海と子供[チリ]

海がきれいだったため、主要の舗装された道を外れて海沿いのオフロードを走った。潮の香りが風に乗ってくる。この海の先がパタゴニア北端のプエルトモンであると思うと、 感慨深かった。 ナルト知っているか?と聞 …

木で彩られる町トルテルはジブリの世界[チリ tortel]

一歩足を踏み入れただけで、胸が踊りわくわくした。町そのものが纏った独特の雰囲気が魅力的で、歩き回らざる負えなかった。町のほとんどのものが「木」で構成されているその町は道がなく、歩くところは通路と呼ぶ方 …

no image

チロエ島のカストロ(castro)[チリ]4月9日現在地

旅を初めてから144日目。 南北に細長いチリの真ん中らへんのチロエ島にフェリーで渡ってきました。見かける人の数、車の数もぐっと増えました。 アウストラル街道で最も大きな町のコイアイケに滞在した日とチリ …

no image

コイアイケ(coyhaique)[チリ]4月2日現在地

旅を始めてから137日目。 パタゴニアもやっと終盤。アウストラル街道で最も大きな町にいます。かなり寒くなってきており、昨日峠を漕いでいるときに吹雪に合いました。雪が積もった自転車は新鮮でした。 南半球 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。