takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

メキシコ

サンフランシスコ村の壁画ツアー2[メキシコの世界遺産]

投稿日:2010年1月3日 更新日:

2日目の朝は周りが明るくなった7時過ぎに目が覚める。谷の底にいるため冷えるので、ダウンジャケットをはおって散歩。昨晩の焚き火の残った熱で火を起こしコーヒーを作る。こういった時間が心を和ませるのだ。9時を過ぎた頃に徒歩で出発。ガイドに先導されるがままに渓谷を登ったり下りたりした先に見えたものは崖の中腹にある窪み。

s-R0011217

こんな場所を歩き回った。

s-R0011168

ん?あの窪みは??

s-R0011220

近づいてみると、、、

s-R0011298

s-R0011252

s-R0011260

おそらくクジラのツアーの時期と噛み合う2、3月がピークで、12月中旬の今は閑散期らしく、僕らの他には誰も来ていなかった。
観光地、特に世界遺産ともなると人が常にいて混み合っているので、貸しきりだったのは非常に良かった。この日も昨日のキャンプ地に戻り一晩を越した。3日目に再び5時間かけて村まで戻り、ツアー終了。大満足!

村でトラックに自転車を乗せ舗装路まで連れていってもらう約束。自転車を乗せようとした荷台には薪とヤギが乗っており、そこに荷物を付けた自転車3台と僕ら3人に現地の人が1人乗ったものだから、足の踏み場がない状態だった。踏ん張りが効かない中、トラックはダート路を可能な限りのスピードで飛ばすので、そこらへんのアトラクションじゃ味わえないスリルである。僕らは発狂したように、バカー、などと叫んでいた。しかしそこから広がる地平線まで見える景色は息を飲むほど美しく、次第に皆何もいわずに見とれていた。トラックを降りた後に出ていたスピードを聞いてみると時速100kmを超えていた。

s-IMG_5111

s-IMG_5131

 

336×280

336×280

-メキシコ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンフランシスコ村の壁画ツアー1[メキシコの世界遺産]

顔を上げると、その壁にはシンプルかつ独特で何かを訴えかけてくるような絵が描かれていた。崖の中腹の窪みに残っているそれらの壁画は、人、牛、くじら、犬、鳥と認識出来るものもあれば、不明瞭で想像力をかき立て …

テピックでメキシコ人とスケート(1月3日、4日)

エドガーは父とテピックに住んでいる。テピックはマサトランより南に車で4時間程度のところで、エドガーが彼女や友人に是非紹介したいから一緒に来て欲しいと言われて行くことになった。 移動した日の夕方にエドガ …

メキシコの食べ物

no image

メキシコのビールTECATE

今日で旅に出てからちょうど1ヶ月。 いろいろあったけど、時がたつのは早いという印象。楽しい時間はあっという間に過ぎていく。 記念に昼間からビールを煽る。テカテという薄味のビールは昼から飲むにはぴったり …

お世話になったメキシコ人への偽り

エドガーから始めて声をかけられたとき、自転車で旅をしていることは伝えたものの、2年かけて世界一周をするつもりということは伝えていない。これはお金を持っていると思われ襲われないための1つの防衛手段であり …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。