takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

メキシコ

メキシコの着物美人

投稿日:2009年12月12日 更新日:

国境の町ティファナから南に100kmほど海岸線に沿って下るとエンセナダという港町がある。バハカリフォルニア半島の太平洋側の海岸線では随一に規模がでかく、ロサンゼルス等からも車やクルーズで人が流れてくるために賑わっている。メキシコの国旗が高々と掲げられ、そこから円形に広がりを見せる。僕はここに4泊ほど滞在した。

メキシコのことがよく分かっておらず危険だと言われるティファナをスルー したので、初めて落ち着いた大きな町がエンセナダだった。旅を初めて3日目で日本人サイクリスト2人と偶然合流した幸運な僕は、良くも悪くも自分の旅のペースを確立する前に3人での旅がスタートした。ある程度は流れに身を任せており、それはそれで良かった。しかし一旦落ち着き、ここいらで気持ちや生活リズム、持ち物等々を整理しておきたかった。久々のネットが出来る町だったこともあり、腰を据えてこれからの旅に備えた。

s-R0010559

風に揺らめく国旗。町の大きなシンボルである。

s-R0010521

多くの屋台がある。流行っているところのものはとりあえず食べた。写真の屋台はセビチェ屋。ペルーで食べたセビチェとは名前は同じでも全く異なる。

s-R0010526

トルティーヤの上に海の幸とトマト、たまねぎ、パクチーのような香素、きゅうり、アボガドなどが載り、そこにチリを含めた様々なソースをお好みでかける。ソースが10種類以上あるので様々な場所にかけると、口に頬張る場所によって具も味も変わり、何度食べても奥深い味わい。

s-R0010586

この店のセビチェの海鮮はまぐろ、えび、たこ、いか、など10種類以上あった。3人で多くを制覇した中で上の写真のうにが一番うまいと意見が一致。1枚で1ドルだが、贅沢な量のうにが載る。口に広がるうにの味がたまらず、ビールは欠かせない。

R0010657

無線のネットを無料で飛ばしている建物があった。そこで多くの時間を過ごした中、日本人学校の生徒が来て日本を紹介するイベントと遭遇。着物を着た生徒?がいて写真を撮らせてもらった。着物コスプレ。

336×280

336×280

-メキシコ
-

執筆者:


  1. しんいち より:

    鈴木さん、先日メール返せなくてゴメンなさい!
    いやー、面白いっすねこのブログ。

    現地のレポートが面白い。
    各国の世界観を写真含めてアップしてくださいね!!!
    ちなみに、いつ、どこで、落ち合いますかw?

  2. 飛翔のおじさん より:

    久しぶりにブログ覗いた。進んでるね!元気で何よりです。

    エンセナダ、良い港町だ。
    飛翔のオジサン達なら住み着いてしまいそうな所だよ!
    トルティーヤにビール、最高!!!
    うに、たこ、いか、何でもありだね。

    じゃあ、アミーゴ!!
    (パソコン不調のため再発信)

  3. ide より:

    おつっす。
    旅無事でなによりっっす。
    メキシコよさそうだね。またブログの更新楽しみにしてます。
    明日は、タコスでも食べます。

  4. なごやの竹 より:

    うになんて食べてるんか~。贅沢☆
    ビールとウニ、最高だ!

  5. 洋公 より:

    港町の景色がステキ~!
    しっかり旅に備えられた??
    セビチェおいしそうっ(^ω^)食べたい…!w

    着物姿に癒される~☆
    からだに気をつけて!

  6. みのるママ より:

    遅くなって ごめん!!

    家族で見てるわよ。

    セロ先生は私たちが思っていた以上に度胸があったんだね。

    すごいね!!

    送られてくるカラッとした青い空の写真を見てるとたまんなく行きたくなるわね。

    楽しみにしてるわよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タコスが美味しすぎて困る[メキシコ]

メキシコで最も一般的な食の1つであるタコスのスが複数形のーsだということをご存じだろうか。とある屋台で隣にいた30歳台後半と思われれる髭面の濃い顔をしたおっさんが、1つのタコを下さい、と言っていたとき …

クリスマスに磯田よしゆきと出掘良一と別れる[メキシコ]

キリスト教国家のクリスマスに興味があった。けが人が続出するとの噂を聞き、なにかしらイベントがあることを期待してキャンプではなく町に滞在した。しかし宿のオーナー曰く、「皆家族と過ごすよ。」と。残念な男3 …

メキシコ人の愛

しばらく続いた荒野での生活で疲れが溜まっていたのか、で僕らは順に病に倒れた。その間ホテルマンのマニュエルは仕事の前後に顔を出してくれる。5日程滞在して体調が回復し、自転車で出発する日がついに訪れた。マ …

アメリカとメキシコの国境ティファナは危険?

自転車に大量の荷物を持って走っていると興味津々に話しかけてくれる人がいる。 アメリカでも多くの人に尋ねられた。 「どこに行くの?」 「どこから来たの?」 という質問を切り口に話が始まる。 試しに2つの …

バハカリフォルニア半島自転車ツーリングで野宿[メキシコ]

メキシコに入る前は治安はどうなの?って感じだった。アメリカ人の反応を聞いて基本的に宿が中心の生活になると思っていたが、やっぱり実際に足を踏み入れてその土地に立ってみないと何も分からない。メキシコの中で …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。