海外用プリペイドカードという選択肢!海外旅行でスキミングや強盗のリスクを下げるために

どーも。海外旅行に行く日本人を増やす会代表の世界一周侍タカ(@viatortaka)です。

海外旅行で気を付けなければならないことの1つはお金の管理である。特に日本人は安全慣れしており、盗まれたり、詐欺られたり、世界のカモ。海外を2年半ほど放浪していたが、大丈夫かと心配になる人がたくさんいた。2012年の日本人の海外旅行での盗難・紛失被害総額は約152億円というデータもある。

僕はクレジットカードを放浪中は利用していた。現金の量はできる限り減らした方がいいからである。短期の旅行しか行かない方なら、海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードを持っておくのはおすすめである。

海外旅行保険は2枚の年会費無料のクレジットカードを作っておけば大丈夫という真実

それはさておき海外でクレジットカードを持ち歩くリスクもある。スキミングされる可能性は高く、帰国したら念の為カードを変えてもいいくらいなのだ。実際、僕は帰国3ヶ月後にスキミングされて偽造クレジットカードを作られていた

短期の旅行であっても数万~数十万の現金を持ち歩きたくない。かといってクレジットカードをスキミングされるリスクがあるし、盗難されて限度額まで使われたり、銃を突きつけられてATMを巡って現金を限界まで下ろさせられた友人もいる。クレジットカードの場合は預金額以上にお金を使われる可能性があり、借金となるから怖い。

トラベラーズチェックの時代でもなくなったし、クレジットカードのリスクを嫌う人やそもそもクレジットカードを使いたくない人、またクレジットカードを作れない人はどうすればいいのかと思っていた。そんな中で最近見つけたのがトラベルプリペイドカードというやつ。

マスターカードと提携しているキャッシュパスポートというのがよさげ。渡航前に国内で入金し、海外のみで使えるというプリペイドカードである。

キャッシュパスポート

現地のATMでお金が下ろせるし、ショッピングやレストランでクレジットカードとして利用できる。インターネット申し込みでは無審査の年齢制限なしで数日発行。パスポートなどの本人確認ができるものがあれば誰でも作れる。万が一盗難にあっても自身でインターネットの専用サイトから利用を停止したり、発行会社にすぐに連絡して不正使用を防ぐ。

数日の海外旅行なら、キャッシュパスポートありじゃん!!!留学中の子どもへの送金なんかにも便利そう。

いろいろな選択肢を知っておいた方がいいよねということで情報シェア。

ちゃお!







古民家宿泊はじめました!

管理人タカが住んでいる古民家で民泊をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。