海外旅行でスキミングされて偽造クレジットカードを作られた!被害要注意![世界一周]

一本の電話があった。

「お客様のクレジットカードが8月にフランスで使われようとした形跡があるんですが、最近海外にお出かけになられましたか??」※1

クレジットカード会社からの連絡である。6月以降は日本から出ていないことを伝え、その後に、カードが手元にあるかといった確認作業を行った。結論は「偽造カードが作られている」ということ。

クレジットカードを何度も使おうとした形跡があったので連絡をくれたようだ。おそらくは犯人が暗証番号を間違え続けたということだろう。お金が使われるところまではいっていない。

偽造カードを作るにあたって、僕のカード情報が抜かれたのはいつなんだろう?そしてどこで作られたんだろう?

フランスに滞在していたのは2011年9月あたりで、約1年前になる。そのときにどこからかカード情報を得て偽造し、約1年のときを経て使われたのか?それとも2012年の6月あたりにアフリカでカード情報を得て偽造し、フランスで使われたのか?

さっぱりわからない。ATMのキャッシングは頻繁に利用していたので、そこからカード情報を得られるならどこでもありえる。クレジット機能を利用したのは月に数回程度で、現地で使うこともあれば、ネットで使うこともあった。

最も気になるのはカードのコピーをとられたこと。たとえばナミビアのウイントフックからケープタウンに移動するときに使ったバス会社のインターケープでは、クレジットカードのコピーが取られたんだよね。

しかし
1 もしお金が使われていて
2 そのときに僕が海外にいたら
どうなっていたんだろう。お金を引き出したのが自分でないことを証明するのって難しい。

もちろんすぐにカードを止めてもらった。日本在住の方は、海外で使うクレジットカードは捨てカードにして、帰国次第止めるくらいが賢明かもしれない。

※1 この言葉は僕の記憶を辿って書いており、正確に再現したものではありません

スキミングの手口に要警戒

ATMのスキミングの方法(セブン銀行他まとめ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です