やりたいことをやるための時間を作る方法

やりたいこと(夢)を前倒しにすべきたった1つの理由」なんていう記事を昨日書いてしまったので、それに付随するネタ。やりたいことを前倒しにするといっても、時間がないよ!という場合。

忙しく過ごしているときに気付いたのだが、スケジュール表に予定をうまく詰め込んでも、やれることはそうそう増えない。絶え間なく動き続けても、そのうち燃料切れを起こす。

今まで10の時間をかけてやっていたことを工夫して8の時間で行えるようにし、2の余剰時間を作る方法もある。とはいえ、何かをやりたいと思ったら、そういうことには手をつけているはず。

おすすめするのは、自分のある行動時間を10から0にする方法

一週間で自分がやっていることを思い返してみる。24時間×7日=168時間で何をしているか。書きだしてみるとよく分かる。その中の「削ってみてもいいかな」と思う時間をなくしてしまうのだ。

例えば、あなたが1週間にテレビを5時間くらいみているとする。テレビを見る時間を減らして3時間にしよう、とかそういうレベルではなく、テレビを見ないようにするのだ。意思が強くないならばテレビをいう物を捨ててしまうのが一番。テレビがないからしょうがないよね、という状況まで持っていけば、間違いなく5時間を手に入れることができる。

僕の場合、4年半携帯電話を持っていなかった。携帯を触っている時間はとても多かったのだけれど、持たなくなったときに生活が劇的に変わった。(※先月に不本意ながら購入)

スマホなんていらない!携帯電話を持たない生活をおすすめしてみる

物を選ぶ時間を0にする方法、なんていうのも以前に書いた。

[買い物に時間がかかる決断力がない人へ]モノを選ぶ時間を大幅に短縮する方法

上の記事紹介したのは、信頼する人から薦められたものは無条件に購入する買い物の方法。とある条件下でしか使えないが、やはり大幅な時間短縮が期待できる。

まとめ

1. 一週間の168時間で自分が何をやっているか紙に書き出す
2. 削ってもいいかな、と思う時間を見つける
3. その時間を生活から排除する

これだけである。そうすると自ずと時間が生まれる。時間が生まれるだけでなく、ライフスタイルが変わるはず。その作りだした時間でやりたいことをやるのだ。

自分の人生なんだから、やりたいことをやらないとね!!

やりたいことをやれ
やりたいことをやれ

posted with amazlet at 14.05.25
本田 宗一郎
PHP研究所
売り上げランキング: 15,880
人生の地図
人生の地図

posted with amazlet at 14.05.25
高橋 歩
A‐Works
売り上げランキング: 22,811

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です