takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

思考

スマホなんていらない!携帯電話を持たない生活をおすすめしてみる

投稿日:2013年3月15日 更新日:

あなたの持っている携帯電話を、かなぐり捨てたらどうなりますか?生きてゆけないですか??

携帯電話は便利だ。それがなかった時代があり得ないくらいに、生活に欠かせないものとなった。いつでもどこでも連絡がつく。それは本当の意味で生活を豊かにしたのだろうか。

2009年10月に僕は携帯を解約した。以来、いままで携帯を持っていない。数えてみればもう3年と5ヶ月である。

とはいえ、2009年11月から2012年6月までは世界一周をしており、日本で生活をしていたわけではない。旅は現世のしがらみから解き放たれたいという願望が幾分かまざっているわけで、携帯を持たない輩も多いから、その期間に携帯を持たないことは特別ではない。むしろ、日本に戻ってきてからの9ヶ月の方が、特殊だと言える。

この9ヶ月の間で、自分の祖父祖母以外で携帯を持たない人と出会っていない。20代~60代で携帯を持っていない人は僕だけである。携帯を持っていないことを伝えると、誰しもが驚いた。まるでそれがなくて生きていけるわけがないと言わんばかりに。

◆◆◆

携帯はないけれど、家にインターネットは繋いでいる。むしろそれがなければ暮らしてゆくのが辛いのは事実。ただ、逆に家でネットが繋がっているなら、携帯がなくてもなんとかなるよ、と。

もちろん携帯があると便利だし、役立つことは多い。しかし、持っているデメリットがある。

携帯をもっていると、何となく束縛されている感がある。電話がきたら取らないといけないような気がするし、メールがきたら返さないといけない気がする。もちろんその場ですぐに返さないという選択肢もあるんだけど、いつかは返すはず。

携帯を持たなくなってから、電話とメールの数そのものが減った。それは一見さびしいことのように思えるけど、目の前のこと、目の前の人に集中できる時間が増えたという意味がある。それによって、より自分にとって大切な時間に費やせるようになった。

もうひとつは、携帯によって「目下大切なこと」が中断させられるということもない。何かの作業をして集中しているときや、誰かと話しているとき。電源を切っておけばいいんだけど、常にそうできるわけではない。見ないにしても、何か連絡があったと分かると気になる。

携帯を持っていなければ、そんなわずらわしさはない。なぜならしょうがないからだ。しょうがない、というのは不便ということだけど、だからこそ目の前のことや人を大切にできる。

特に人のほう。一緒にいられるときというのは、かけがえのない時間のはず。お互い死がいつ来るかわからない以上、それが最後かもしれない。

せっかく同じ空間にいるのに、その時間を別の空間にいる人と使うことはもったいない。メールにしろ、電話にしろ、1人になったときにすればいい。そうなはずなのに、携帯を持っているとそれが難しい。僕だって携帯を持ったら、常に目の前の人を優先できる自信はない。

つまり、携帯を持たないことによって、

 ・なんとなく束縛されている感が消える (慣れると思っている以上に快適!)
 ・電話やメールの量が減り、その時間を有意義に使える (特に時間が足りないと感じている人へ)
 ・目の前の人を大切にできる (恋人や友人と一緒にいるのについつい携帯をいじってしまう人へ)

というメリットがあるのだ。

◆◆◆

逆に携帯がないと不便なことって何よ。言い始めたら携帯がないことで発生するすべてが不便なのだけれど、持たずに生活をしていて感じるのは、待ち合わせ。これだけはどうしようもなく不便なんだよね。

まず、あらかじめすべてを決めておく必要があること。遅刻は許されないこと。最悪会えないこと。こればかりはいかんともしがたい不便さを感じるけれど、とはいえこの9ヶ月間で何十人と待ち合わせている。一度だけ会えないことがあり、それは心底悲しかった。ただ、携帯を持っていないという現状をふまえて行動すれば、ちゃんと合流できる。

つまり、携帯を持たない最大のデメリットは

 ・待ち合わせに柔軟性がなくなる

ということ。

◆◆◆

携帯を持たなければ持たないでなんとかなる。携帯は便利だけど、それは幸せに直結していますか?あなたにとってもっとも大切なことは何ですか?

持たなければ携帯代が浮くわけで、いらないかもって思ったならばかなぐり捨てたっていいんじゃなの?携帯電話を持たないという最先端の選択肢もあるんだよ。

2013年9月9日追記

携帯を持たずにモバイルwifiを使っている人に会った。有力な選択肢だと思われる。

携帯を解約してモバイルwifiにする選択肢は有力

おすすめ書籍

「僕はお金を使わずに生きることにした」

「独立国家のつくりかた」

関連記事

[日常]幸せ感受性を高いのはいいことなのか
[ニュース]アメリカとウルグアイの大統領の素晴らしい演説

336×280

336×280

-思考

執筆者:


  1. life より:

    確かにそうかも 僕スマホ持ってますけど たまに嫌になることが多いです 被害妄想になることだってあるし、考え方がマイナスになってる気がします。

    • viatortaka より:

      今感じるのは本を読む時間が圧倒的に減りますね。それも考え方がマイナスになる理由の1つな気がします。スマホでも質の良い情報が見つけられる人は良いのでしょうけど。

  2. life より:

    最後に質問いいですか 携帯ないとやっぱり精神的には楽なのでしょうか? 寂しさはあるのかな 慣れたらそうでもないのかも知れませんが

    • viatortaka より:

      実は今は仕事の関係で携帯を持たざる負えなくなっているのですが、当時の方が楽でした。
      家に帰ればネットが繋がっているので、特にさびしさはなかったですね。

  3. life より:

    そうなんですね、今は仕事に携帯が必要なんですね〜 色々ありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三十路になる僕が田舎暮らしを始めることにした理由

広がる空、きれいな空気、虫の声、草の香り・・・ 何を求めて田舎暮らしを始めたいのか。 東京という世界有数の大都市に7年ほど住んで感じたのは、「土」がないこと。圧倒的に「土」が足りない。 逆に、東京にあ …

やりたいことをやるための時間を作る方法

「やりたいこと(夢)を前倒しにすべきたった1つの理由」なんていう記事を昨日書いてしまったので、それに付随するネタ。やりたいことを前倒しにするといっても、時間がないよ!という場合。 忙しく過ごしていると …

IT技術発達→便利な世の中→雇用の喪失→田舎暮らし、というロジック

世界はどんどん便利になっている。特にIT技術が発達してからは便利になるスピードが上昇した。IT技術による便利な世の中は、雇用の喪失を生む場合が多い。 例えばアマゾンを考えてみる。 ネット通販最大手のア …

主食の値段が高い国、日本。そんな国は他にない!

TPPでの米の価格が話題になっている。そんな折に僕が愛読しているノマド研究所というブログにて、日本での貧乏人は米を食べていないという記事があった。 ・極貧やニートにとっては、米は高くて食えなくなってい …

僕から怒りという感情が失われた理由

どーも。怒らない会代表のタカ(@viatortaka)です。 怒る姿が想像できないと言われて考える。いつから怒りをあまり持たなくなったのか。 もともと怒ることに否定的だった。塾講師や家庭教師をしている …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。