幸せが行動力を奪う意味

旅に出られて幸せだった。毎日を笑顔ですごした。だって夢の自転車世界一周を、まさに叶えている最中だったから。

Dreams come true!!

旅をしている間の僕は、感謝の心で満たされていた。

旅に出られる環境にいることに感謝した。
今日も無事に生きていることに感謝した。
食べ物があることに感謝した。
健康体であることに感謝した。
出会いがあることに感謝した。
好奇心が満たされることに感謝した。
家族、友人と連絡が取れることに感謝した。
・・・
・・・
etc

感謝の心は笑顔をつくる。
笑顔は幸せを呼ぶ。
そして、幸せの感受性が高まった。

帰国して約2ヶ月が経つ。

美味しい日本食が食べられることが幸せ。
クーラーのついた部屋が幸せ。
快適な速度でネットがつながることが幸せ。
漫画が読めることが幸せ。
長らく会えなかった友との再会が幸せ。

ということで、幸せな日々が続いている。

そんなことで一件落着すればいいのだけど、この日々をずっと続けていたら経済的に立ち行かないわけで、、、
問題なのは、下手に幸せを感じてしまうことで何かをやるエネルギーが減った感じ。
あれもこれもやってやろう!っていうパワーがね。

一概にいいことばかりではないのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です