takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

第4回全国食育交流フォーラム2014inモクモクにコミュニティデザインの山崎亮さんが来るよ!

投稿日:2014年1月28日 更新日:

第4回全国食育交流フォーラム2014inモクモクにコミュニティデザインの山崎亮さんが来るよ!

以前にご縁があって自転車世界一周講演会をさせてもらった伊賀の里モクモク手づくりファームで「第4回全国食育交流フォーラム」が開催されるよ。面白そう!!

伊賀の里モクモク手づくりファーム:第4回食育交流フォーラム2014in三重

【開催日】 2014年2月25日(火)・26日(水)・27日(木)
【主 催】 農業生産法人 株式会社伊賀の里モクモク手づくりファーム
【会 場】 モクモク手づくりファーム、あやま文化センターさんさんホール(三重県伊賀市)
【対 象】 16歳以上の食育に興味のある一般、学生

コミュニティデザイナーの山崎亮さん

コミュニティデザイナーの山崎亮さんが特に気になっており、最近彼の著書を読んでいる。田舎暮らしを希望する者として刺激される内容。

コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書)
山崎 亮
中央公論新社
売り上げランキング: 15,264

第一章 なぜ今コミュニティなのか?

というタイトルの中の文章。

現代を生きる人たちにとって、つながりがなさすぎるのは生きにくいが、つながりがありすぎるのも生きにくいのである。どれくらいの強度であれば快適なつながりなのか。僕たちはいま、コミュニティデザインという方法を使って「いいあんばいのつながり」がどのくらいの強度なのかを探っているところだ。

僕は以前にインターネット時代のお金が不要な次世代コミュニティという記事の中に、「失われた村社会的なコミュニティが復活するとは思えない。三丁目の夕日の時代には、もう戻れないのだ。」と書いた。

現代にあったコミュニティが求められているのは間違いなく、いいあんばいのつながりを探っている方の話、はとても気になる。

行けるなら行きたいと思うけど、火~木なんだよね。さてさて。

藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?

里山資本主義やデフレの正体を書いた藻谷浩介さんと山崎さんの対談本も面白いので、合わせて紹介しておく。

藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?
藻谷浩介 山崎亮
学芸出版社
売り上げランキング: 71,382

336×280

336×280

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

貴志祐介の名作「クリムゾンの迷宮」がセールしているぞ!!

これは見逃せない情報。速報なり。 貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」がkindleでセールされており、700円の本が330円で売られている。 クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) posted with …

田舎暮らしを本気で考えている人へ!「完全版 自給自足の本」のわくわく感がすごい

自給自足という言葉の響きにうっとりする。完全な自給自足までをやろうとは思わないけれど、半自給自足程度の生活には憧れる。自分で作ったものに囲まれて生きる。素敵なことだ。 そんな僕がここ最近で突き刺さった …

数学の面白い本:著者サイモンシン訳青木薫「フェルマーの最終定理」

数学には定理がある。中学で習うピュタゴラスの定理などがその1つであり、数学のルールのようなものだ。 そのルールはもちろん偉大なる先人が見つけたものである。ルールがルールとして活用されるためには、証明が …

no image

アボリジニの話「ミュータント・メッセージ」マルロ・モーガンの感想と名言

ミュータント・メッセージ (角川文庫) posted with amazlet at 12.08.31 マルロ モーガン 角川書店 売り上げランキング: 58846 Amazon.co.jp で詳細を …

アルケミストの著者が説く「人が夢に立ち向かうときの4つのハードル」

思わず旅に出たくなる危険な本ランキングベスト10、という記事を書いた。僕はランクインさせなかったけど、旅に出たくなる本系の特集でよく目にするのがアルケミスト。童話のような物語なのだが、人生の意味を考え …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。