Peace Run Projectのアドベンチャー・ランナー高繁勝彦さんの壮行会に参加!

先日、ヨシが8月14日に再び旅立つというので一目会うために、急遽大阪へ向かった。

磯田よしゆきがタンデムあいのり自転車旅行へ
名古屋から大阪へ「近鉄の株主優待券」で行けば1500円!!

そのときに縁あって、アドベンチャーランナーの高繁勝彦の壮行会に参加することに。

アドベンチャー・ランナー 高繁勝彦  – Peace Run 世界5大陸4万キロ ランニングの旅

平和のために何ができるのか?

私個人が出した答えは「走る」ことであった。と同時に走ることで移動し続けること。移動とは「旅(=Travel)」すること。
旅を通じて人と出会い続けること。
出会った人々と語らうことができる。語らうことで仲間になれる。友達ができる。
語らうことからは笑顔が生まれる。笑顔には心の安らぎが伴う。
心の安らぎがあれば、出会う人にも、自分に関わる様々なものにも感謝の気持ちをもつことができる。そこから小さな平和が生まれてくるわけだ。
ダライ・ラマ法王もかつて語ったように、「一人ひとりの心の平穏が平和をうみだす」のである。

これまで日本国内やアメリカ大陸で走ってきたPEACE RUNの最終目標は、世界五大陸4万キロを自分の二本の脚だけで走り抜くこと。
世界が真に平和であるならば、五大陸4万キロを笑顔で、諸手をあげて無事帰国することができるはずである。
Peace Runのポリシー「平和」「健康」「夢」「挑戦」

4万キロを走るというのだから、すごすぎる。僕は自転車ですら、2万3000㎞だったのに・・・

とても50歳を超えているようには見えず、30歳代だと思ったよ。

上がプレゼンの様子。ぶれてしもうた。

8月26日にオーストラリア大陸にむけて出発するとのこと。応援しています!







古民家宿泊はじめました!

管理人タカが住んでいる古民家で民泊をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。