takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

メキシコ

アメリカとメキシコの国境ティファナは危険?

投稿日:2009年11月27日 更新日:

自転車に大量の荷物を持って走っていると興味津々に話しかけてくれる人がいる。
アメリカでも多くの人に尋ねられた。

「どこに行くの?」
「どこから来たの?」
という質問を切り口に話が始まる。

試しに2つの答え方をしていた。
①「ロサンゼルスからサンディエゴ(アメリカ南部)だよ。」
②「ロサンゼルスからメキシコだよ。」

①の場合のアメリカ人の反応は2つに分かれる。
「いいね。最高だね。」
「まじか。すごいな。」

②の場合のアメリカ人の反応は1つ。
「気を付けろよ!」

面白いくらいにしっかり分かれるのだ。
パターン化された反応に笑みがこぼれる。
だがメキシコという国への不安は増した。

そう思っていたときにヨシとカズと出会い、そこから共に走っているので1人での入国より大分心強かった。

s-R0010431
自転車の奥にメキシコの文字。それが国境。

s-R0010438
こんなゲートを通る。自転車だと一苦労。

入国してみると空気がアメリカと全然違う。
とは言っても特に殺伐とした雰囲気ではなく、どちらかというとアジアのような感じだった。
ごみごみしていて発展途上国の騒々しさがある。
排気ガスの臭いが鼻についた。

s-R0010447
メキシコからアメリカに向かう車。写真の手前にも先にも車だらけ。

s-R0010453
無事に国境を越えて乾杯。スペイン語でサルー!

336×280

336×280

-メキシコ

執筆者:


  1. かすが より:

    ブログ毎日見てます。
    本当に楽しそうで羨ましいです!日本の方と出会うとかも興奮ですね。
    世界中どこ行っても日本と同じノリでやってのけるたかひろさんは本当に凄いですね!
    メキシコ道中はどうかお気をつけて。

  2. 洋公 より:

    本当にすごい偶然!!
    同じ時間に同じ場所(しかも海外!)に居合わせた旅を愛する日本人…
    そういう出会いが、旅の大きな楽しみだし、心強いね!
    メキシコにサルー☆★

  3. ヒゲ第二課長 より:

    ついにメキシコ入国だな(^^)
    旅のお供もできたようで、心強い限りだね。
    写真を見ると羨ましくなるゾ!
    楽しい旅を!

  4. 元営業部 より:

    羨ましい限りの画像だらけで、何だか無性にぐっとくるね。
    いつになったら、貧乏・苦労旅行になるんだ?(笑)
    身の安全にはお気をつけなすって!

  5. なごやの竹 より:

    ブログ毎日見てるよ。
    いやぁ、うらやましい。楽しい旅になってきてるね。
    出会いは最高だね。
    メキシコの旅、くれぐれも気をつけて。

  6. Naomi より:

    たかくん初めまして。CAで、よし君、かずくんと一緒だった者です。世界一周、エンジョイしてくださいね。私もこれからたびたびたか君のサイト見せていただきまーす。気をつけて!!

  7. yuskyK より:

    おおいつの間にかメヒコに。
    楽しそうで羨ましす。
    更新楽しみにしてんよー。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンフランシスコ村の壁画ツアー2[メキシコの世界遺産]

2日目の朝は周りが明るくなった7時過ぎに目が覚める。谷の底にいるため冷えるので、ダウンジャケットをはおって散歩。昨晩の焚き火の残った熱で火を起こしコーヒーを作る。こういった時間が心を和ませるのだ。9時 …

お世話になったメキシコ人への偽り

エドガーから始めて声をかけられたとき、自転車で旅をしていることは伝えたものの、2年かけて世界一周をするつもりということは伝えていない。これはお金を持っていると思われ襲われないための1つの防衛手段であり …

no image

メキシコの新年(出発から48日目)

あけましておめでとうございます。2010年はメキシコで迎えました。日本より16時間遅い年越しです。 年末にバハカリフォルニア半島の縦断を終え、半島の南に位置するラパスからフェリーで本島のマサトランにフ …

メキシコ自転車旅(出発から23日目)

何もない大地があった。道は数キロ先まで視界に入り、数日間でお腹がいっぱいになるくらいのサボテンを見た。荒野と呼ばれるであろう土地を自転車で走っていると数十キロに1軒の店、または幾らかの住宅と2,3軒の …

カリフォルニア湾のビーチでキャンプ[メキシコの世界遺産]

バハカリフォルニア半島の南北を結ぶ1号線を国境の町ティファナからグエレロネグロまでは右手に太平洋を見ながら南下した。1号線はそこから内陸に折れ、半島を東に横切っている。横切った先に見えたものは、、、「 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。