鹿革と猪革のキーケースとブックカバーを追加製作しました!【在庫残り僅か】

どーも。ジビエ肉や皮を廃棄したくない会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

食に興味を持ち、野菜を育てたり、魚釣りをして魚を捌いたり、また魚突きをしたりと生産や狩りを始めた。最終的には狩猟に行きつき、それは増えすぎた鹿や猪が獣害という形で人間社会に影響を与えていることも大きな理由。さらに言えばそれらの肉の大部分は捨てられており、もったいないという気持ちがある。

殺したからにはできる限り活かしたいと考えるのは、ごく自然なことだった。捨てられているあらゆる部位を活かすことはできないのか、その1つの形として鹿や猪の皮をなめし、革製品への加工が挙げられる。

プロの手によって工場でなめされ、別のプロの手によって革細工がなされた。その商品はちょくちょく売れている。

今回購入してくれたのは「ブログ:自然生活」の管理人の方でプロ猟師である(写真左)。

キーケースとブックカバーの評判が良いので、鹿と猪の革で2つずつ追加製作した。

白が猪で、茶が鹿である。手触り良し!鹿革で製作したものの写真を紹介しよう。

キーケースが3000円、ブックカバーが4000円である。

また、猪革限定で財布と小銭入れがある。

長財布が25000円、小銭入れが4000円。

良かったらどうぞ。

郵送希望の場合は+送料で承ります。

作ってくださっている革職人さんのブランドは「moja-kwa-moja」。こちらのデザインのものや、その他オーダーメイドで鹿革猪革での革細工製作も受けられます。希望の場合はコメントやお問い合わせより連絡ください。

moja-kwa-moja

では最後に関連エントリーと狩猟のおすすめ本「僕は猟師になった」の紹介をしておしまいにしよう。

猟師になるには?狩猟免許取得にかかった費用(愛知県・罠猟)
僕が狩猟を始める理由

ぼくは猟師になった (新潮文庫)
千松 信也
新潮社 (2012-11-28)
売り上げランキング: 2,966

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です