新城総合公園の民間事業者は森林体験型の遊戯施設「フォレストアドベンチャー」に決定!面白そうだぞ!!

どーも。公園が大好きな会代表のゆったり侍タカ(@viatortaka)です。

5ヶ月ほど前に新城総合公園において公園施設を設置、管理運営する事業者を募集していた。公園内の一部の場所にて民間事業者がビジネスを行うというもの。僕も便乗してどんな事業が来たら嬉しいかを妄想した。

新城総合公園において公園施設を設置・管理運営する事業者を募集!僕が使い方の妄想を膨らませてみた!【愛知県新城市】

謎解きとかガチなアスレチックとかSASUKEとか来たらいいなと思って気になっていた。そして森林体験型の遊戯施設「フォレストアドベンチャー」に決定したというニュースを知った。

民間事業者が森林体験型の遊戯施設、愛知県の新城総合公園

愛知県は5月29日、同県新城市「新城総合公園」の新施設設置管理者に、名古屋市の広告代理店エバイスを選定、協定を締結すると発表した。

 新城総合公園は、1985年に開園した約64.3haの都市公園。わんぱく広場、展望広場、芝生広場、ニュースポーツ広場、学習の森、紅葉の森などの無料施設のほか、有料の野球場、テニスコート、競技場、陸上競技場、弓道場を擁する。年間利用者数は2016年度実績で約33万人。16年2月の新東名高速道路開通により、新城ICから車で7分と交通アクセスが向上し、県は広域からの集客に期待している。

 今回の募集で県は、 公園内の約5haを対象に、スポーツ・レクリエーション施設の新設提案を求めた。

 エバイスは、仏ALTUS社が開発した森林体験型の遊戯施設「フォレストアドベンチャー」の設置を提案。ALTUS社の日本代理店であるパシフィックネットワークと業務提携を結び、技術指導や運営ノウハウの提供を受ける。開業は18年3月頃を予定し、事業期間は10年。使用面積に応じて年間100万~200万円の公園使用料を県に支払う。

 「フォレストアドベンチャー」は、森林の中に複数設置された木製の足場(プラットフォーム)の間を、ワイヤーなどを伝いながら進むアクティビティ。東海3県では初めての設置となる。全長約500mを予定し、所要時間は2時間半~3時間程度、料金は大人(18歳以上)3600円、小人(17歳以下)2600円。

 愛知県で、民間事業者が公園施設を設置管理する試みは、16年7月に開業した大高緑地(名古屋市緑区)の「ディノアドベンチャー名古屋」に次いで2件目となる。

東海3県では初めての設置となる、ということで他を調べてみると全国いろいろなところにあるじゃん。2006年8月7日、富士山麓の標高1100mの森に日本第一号のパークがオープンして今は全国22か所で営業されている。

感想を検索してみると、、、

大人向けのガチなやつらしい。

これ、面白そうじゃないか~~~~。

2018年3月ごろにオープン予定だそうな。まず一度行ってみてレポしたいところ。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です