2017年は飛躍しない年にする。あと、面白い空間づくり進める。

どーも。生き方を悩む会代表の田舎侍タカ(@viatortaka)です。

年末年始になると今年の反省やら来年の抱負やらを聞かれる。最近で言えば2016年の良かったことや反省点、2017年の抱負といった具合に。

節目だし考えるに良いきっかけなのかもしれないが、最近は深く考えていない。2009年から2012年まで自転車で世界一周しており、その期間は抱負も何もひたすら漕ぐしかなかった。漕いで漕いで行けるところまで行く。なんでも見てやろう、進んでやろうと。

帰国してからはきっと思うところもあったが毎年飛躍の年にしようと思っていた気がする。そろそろ飛躍してもいい年頃だと思っていた。

しかし、飛躍することはなく数年が過ぎた。

2017年の抱負は?と聞かれたときに、飛躍の年とは言わなかった。というか飛躍してどうなりたいんだろう?

飛躍とは「大きく高くとぶこと」「順を追わないでとびはなれた所へ移ること」という意味だが、別に大きく高く飛びたいとも思わないし、とびはなれた所に移ろうとも思わない。一歩一歩前へ、というプロセスを経てきた。

自転車旅は地に足がついた旅であり、一気に進むことはできない。一漕ぎ一漕ぎを繰り返して進んでいくしかない。地域おこしもそうで、あることをやったら一気に地域がおこされるといった類のものではない。

僕がやろうとしている村づくりも、その中でも自分がやりたい空間づくりも、飛躍が起きるものではない。

そんなわけで今年は飛躍しない年にします。面白い空間づくりに取りかかってみたいと思います。そこに人の輪ができて縁がつながっていくといいな。

仕掛けを一緒に考えてくれる方を求めております。

エイプリルフールに書いたネタのように、プロジェクトとして発足させたいんだよね。さて、どうするか。

100年先を見据えた持続可能な村づくりプロジェクト!村民1,000人を募集します

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です