【ワークショップの手法】BBQを組み合わせると満足度が上がる。石窯ピザだと??かけあわせの工夫

どーも。田舎を全力で楽しむ会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

ワークショップは組み合わせてナンボである。魅力の掛け算が行われたとき、行ってみたいと思わせることができる。

以前に藍染めとチョコレート作りを組み合わせたとき、多くの人がまったく関係のないこの2つのワークショップを同日に体験して楽しそうであった。

輸入したカカオ豆からチョコレートを作るワークショップを開催!ガチチョコレートの作り方!!

再び藍染めをやりたいと思い、今回はひょうたんランプ作りのワークショップとBBQを組み合わせた。BBQには運良くイノシシ肉とたぬき肉といったジビエも加わり、たぬき肉目当てに来た人もいた。その方がBBQだけに参加したかというと、藍染めもひょうたんランプも体験していくこととなった。

藍染め体験ワークショップ第二弾!型紙、板染め、縫い絞りといった方法を試したよ!
ひょうたんランプ作り体験ワークショップを開催!作り方は簡単!デザインは自由自在!!

%e3%80%90%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%80%91bbq%e3%82%92%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%a8%e6%ba%80 %e3%80%90%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%80%91bbq%e3%82%92%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%a8%e6%ba%80

たぬき肉!!!

%e3%80%90%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%80%91bbq%e3%82%92%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%a8%e6%ba%80

非電化工房で10を超える月3万円ビジネスを持つ前田さんに話を聞いたことがある。

前田さんは米作りの連続ワークショップを開催していた。田植え、草むしり、稲刈り、脱穀といった米作りを一通り体験できる連続ワークショップ。しかし草むしりのときはどうにも人の集まりが良くない。どうしても労働の意味合いが強くなるし、休日にわざわざ草むしりをしに行きたいと思う人が少ないのは想像に難くない。

前田さんは考えた。草むしりのワークショップに人を呼ぶにはどうしたらよいのか?

要素を1つずつ変えていき、最終的には草むしりに石窯ピザと音楽をかけあわせる結論に達したという。そうやって組み合わせることにより魅力が増し、満足度が高くなる。

今回の藍染めにひょうたんランプとBBQの組み合わせも単純に楽しさは藍染めのみの3倍。いや5倍くらいになったかもしれない。BBQ以外のワークショップの時間がもうちょい短ければピザでも良かった。おそらくピザの方が満足度はもっと高い。

ワークショップするけど人が集まらない。集客に困っている、という方がいたら何かを組み合わせてみよう。まったく関係のない組み合わせでも、案外おもしろいものである。

ちゃお!

ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ
山内 祐平 森 玲奈 安斎 勇樹
慶應義塾大学出版会
売り上げランキング: 72,394

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です