入居費、家賃0円、月額10万円もしくは16万円支給でレストラン経営に挑戦できる情報

どーも。飲食店を経営したい人を応援会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

熱海ネット新聞に以下の情報があった。

【編集室】入居費、家賃0円、月額10万円支給、熱海でレストラン経営はいかが

入居費用(敷金保証金等)及び毎月の店舗家賃は0円。逆に援助金として月額10万円を支給。これは安定経営のための補助だという。さらにマンション内に専用住居ルームと駐車場1台分を用意。こちらも管理組合が賃料を負担する。

「食品衛生管理者資格」「週6日営業」「理事会の承認」などの条件は付くが、料理の種類は和洋中問わないという。大型リゾートマンションのため、週末や祝日、連休に利用者が集中という難しい側面もあるが、熱海への転居を検討する飲食店店主や起業を目指す若手料理人には一考に値する。知人にそういう方がいれば、こっそり教えてあげてほしい。

レストラン経営がやってみたい人にとっては目から鱗のような話。居抜き物件とでない限り、飲食店を始めようと思ったら数百万の設備投資は必須だもんね。それがすでに用意されている上に、援助金として月10万円の補助がもらえる。挑戦するにはもってこいの環境。

しかし飲食店に挑戦という意味では愛知県新城市の地域おこし協力隊の募集案件も近いものがある。

愛知県新城市が2016年度の地域おこし協力隊を募集!一緒に新城市を盛り上げましょう!

地域おこし協力隊の場合は援助金ではなく固定給与として月額166,000円。業務は廃校舎を利用した農家レストランの運営・調理である。すでにオープンしているレストランなので、設備は完備。農家レストランでの料理の提供からメニューの考案など運営に関すること全般を地元住民と連携して実施することが違いとなる。

どちらも面白い案件。

飲食店に挑戦してみたい人かもん。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です