takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

思考

オープンからクローズドな環境にシフトするために、ブログでの情報発信をやめるとき

投稿日:

どーも。人との繋がりを大切にしたい会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

2009年からブログを書いており、もう6年となる。世界中の人が自分の書いたものを見ることができるブログは非常にオープンなメディア。インターネットが発展する前は個人が不特定多数に情報を発信することは難しかった。それが簡易にできるようになったのは1つの革命と言える。

そのブログの魅力に虜になり、ほぼ毎日エントリーを更新し続けてきた。自転車世界一周のときから、日本で感じたこと、そして田舎暮らしの日々などを綴ってきた。

近況を友人に伝えたり、イベントの告知をしたり、自分に興味関心を抱いてくれる仲間候補を見つけたりするのに役に立っている。ブログが今現在なくなったら困るし、まだまだ有用に使いたい。しかし、将来的には段々とクローズドな環境での情報発信(共有)に代えていくのだろうとも思っている。

ブログのメリットとデメリット

今ブログを書いていて一番価値を感じているのは、ブログを通じて面白い人と繋がっていくこと。変わったことをやっていると仲間しか寄ってこない法則というエントリーを書いたが、仲間になりうる人と出会うのが楽しくて仕方がない。

例えば先日、ブログを通じて会った方との縁で「きぼう新聞」という個人が発刊しているきぼうに溢れた新聞づくりをしている方とその界隈の個性的な方々と出会った。気付きや刺激をたくさんもらい、出会った方の中から一生繋がっていく人もいると感じた。

きぼう新聞はインターネット上では購読申し込み以外の情報を出さないようにしている。基本的には口コミでしか広がらない形となっており、そこに繋げてもらえたのは縁としか言えない。

きぼう新聞定期購読申し込み

人と人を繋ぐというコンセプトの中で、不特定多数への公開を避けているのである。それを聞いたときに、僕もいつか不特定多数への公開を避けるのだろうと確信した。

「村づくりをしたい」とちょいちょい書いているが、村づくりに関わらず大人数で大きいことをやりたいわけではない。むしろ気の合う人と少人数で面白いことをやりたいという欲求の方が強く、それにはブログのようなオープンなメディアで情報発信することが相応しいのかと疑問符が付く。

むしろデメリット的な部分もあり、ある程度の仲間が集まった段階で口コミで十分となるだろう。そこでのクローズトな環境から生まれてくる人間関係の方がより面白いことになりそうな気がする。ノイズは少ない方が良い。

それらを踏まえるとブログの使い方もゆくゆくは変わっていく。今は情報発信の主をブログにしているけれど、いずれは別の何かとの組み合わせとなり、よりクローズドなものを選ぶことになるはず。

どういった形に収束するのかはまだ分からないけど、繋がりを闇雲に広げていくフェーズはどこかで終わるのだと思う。もうその段階にいっている方をきぼう新聞だけでなく、様々なところで見ている。僕にいつその時期がやってくるのだろうか。

ちゃお!

336×280

336×280

-思考

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田舎が都会よりも退屈!?刺激に満ちているし、心が豊かになるよ。そう思わない?

どーも。田舎暮らしを満喫中の自然人タカ(@viatortaka)です。 「田舎ってなにもないよね。退屈じゃない?よくこんなところで生活してるね。」 こんな言葉を投げかけられる。しかし思うのだ。田舎暮ら …

”自転車世界一周旅”と”田舎暮らし”で身につく「生きる力」の違い

どーも。旅を終えて田舎暮らしする会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。 2009年から2012年に自転車で世界一周をしていた。「生きる力」がついたような気がした。 2014年から田舎暮らし …

三十路になる僕が田舎暮らしを始めることにした理由

広がる空、きれいな空気、虫の声、草の香り・・・ 何を求めて田舎暮らしを始めたいのか。 東京という世界有数の大都市に7年ほど住んで感じたのは、「土」がないこと。圧倒的に「土」が足りない。 逆に、東京にあ …

3Dプリンタによる個人のモノづくり時代の最先端サービス「rinkak」

MAKERSに書かれていた21世紀の産業革命はもう訪れていると言ってもいいかもしれない。21世紀の産業革命とは、個人が製造業を営む時代の到来である。 ・MAKERSを読んで、個人が製造業を営む時代が来 …

新城市の若者「竹下修平さん」と「坂部由芽さん」の並大抵ではない真摯な行動に心が打たれた

どーも。新城が活性化することを夢見る会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。 2015年3月15日に若者政策キックオフシンポジウムが開催された。それに対しての想いと感想は先日書いた。 ・愛知 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。