いばや通信がやばい。まだ読んだことがない人は読むべし。心のどこかにそっと触れてくるはず。

どーも。人生の本質に触れたい会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

いばや通信がやばい。

いばや通信

「いばや」は「やばい」を逆から読んだ言葉なのだからやばくて当然である。いばや通信の紹介をしただけでブログ記事の目的はすでに果たしているのだが、まだ上記リンクをクリックしていない人を対象に文章を書き連ねよう。

会いたい人に会いに行くとしたら

会いたい人に会いにいくかという話を、人脈について書いたときに触れた。

人脈とは「アナタが心から助けたいと思う人」の総和である

会いたい人になかなか会いにいかないのが僕なのだが、こんなことを書いた矢先に会いたい人は誰か?という問いと出会った。愛知県新城市をどうPRしていくかという中で、インフルエンサーと呼ばれる人に会いに行くという手段があると電通の方が言う。

そのときネット上で影響力を持つ人が参考として紹介された。ブロガー兼コメンテーターのはあちゅうさん、プロブロガーのイケダハヤトさん、ジャーナリストの津田大介さん、起業家であり政治家である家入一真さんなどが一例として挙がっていた。チャンスがあるなら会ってみたいと思っている方ばかり。

紹介されていない人の中で、自分が本当に会ってみたい人っは誰だろうと考えた。そして思い浮かんだのは坂爪圭吾さんだった。

坂爪圭吾さんは「いばや通信」を書いている方である。坂爪さんは家も持たない暮らしを2年続けながら、ブログを書き続けている。その内容は本質的で、ときに目から鱗が落ちるような喜びと、ときに自分が感じていたことが言葉になっている喜びと、ときに胸がアツくなる昂揚感と悲しみをもたらす。

詳しい内容はいばや通信を読んでもらうとして、坂爪さんのツイッターのつぶやきを紹介しよう。

僕はいばや通信が好きだ。

人生は続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です