日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った!

どーも。田舎遊びを満喫する会代表の養蜂侍タカ(@viatortaka)です。

日本みつばちからハチミツを採るという夢がある。夢の実現のためには蜂の巣箱を設置せねばならない。

というわけで庭に蜂の巣箱を設置したのが5月のこと。

自然養蜂するための蜂の巣箱をもらってきたよ!

養蜂をやっている方に巣箱の設置場所を見てもらったところ、場所は悪くないという。蜂を寄せ付ける花「キンリョウヘン」はないが、蜂を寄せ付ける「蜜蝋」はあるということで、少し譲ってもらった。

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った! (1)

固形なので溶かして蜂の巣箱に塗る。内側と入口のところ。

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った! (2)

ドライヤーで溶かして密を塗りたくる。

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った! (3)

蜂たちが喜ぶのでは???

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った! (4)

巣箱の下がしけって腐らないようにレンガの上に載せた。

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った! (5)

巣箱が雨に打たれるのを蜂が嫌うので、シートで天井を作った。100円!

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った! (6)

余った蜜蝋は匂いを放ち寄せ付けるので、ストッキングに入れて集ハチ用に吊るしておいた。

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った! (7)

シーズンはもう終盤で、僕が住んでいる地域では6月が最後のチャンスだという。入るかな。入るといいな。

ちゃお!

ニホンミツバチのおすすめ本と捕獲箱







古民家宿泊はじめました!

管理人タカが住んでいる古民家で民泊をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。