フェイスブックの婚活・恋活アプリで彼女を見つけた男が現る【口コミ体験談1】

どーも。ネット婚活を肯定する会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

以前に「フェイスブックの出会いアプリ「ペアーズ(pairs) 」で友人が結婚していく」というエントリーを書いた。

すると僕の友人から内密で「俺使ってたよ!」「私も実は利用してた!」なんていう声が多数。みんな公にはしないけれど使っているのね。累計会員数は170万人を超えているというのは伊達じゃない。

中には会員登録して試し、逐一状況を報告してくれた友人もいる。その結果、男女両側から話を聞くことができ、その出会いエピソードを楽しませてもらった。評判はなかなか良い。出会いによっては結婚までいく可能性が十分あり得るとみんな言っていた。実は僕は使ったことないのだけれど、かなり詳しくなってしまった。

そんな中で約半年間さまざまなアプリサイトを使って女性と交際したソフティーこと野口亮祐氏が体験談を書いてくれるというので、当ブログに寄稿してもらうことになった。

野口亮祐氏のプロフィール(寄稿文)

野口亮祐氏のプロフィール

当時29歳、男仲間と「彼女がいない」、「結婚どする?」的な話題は、飲みの場で必ず出るネタ(笑)

かくいう筆者も当時付き合っている女性がおらず、独り身を謳歌していたw
が、さすがにそろそろという気持ちは常に・・・

そんな折、当時まだ出たてで、広告がフェイスブックのタイムラインに頻繁に流れていたomiaiとpairs

ふと、先日の男仲間との会話を思い出し、広告欄をぽちっと。そのまま無料会員登録。数日サイトを眺めた後、有料会員登録・・・

2013年の始め頃の話。

2013年の2、3月頃に登録し、結果的にはめでたくサイトで知り合った女性と交際することになった。約半年間サイトを活用した婚活(?)のその方法(コツ)を紹介したいと思う。

実際に出会ってからのことは、個々人の力量であるが、サイト上で「出会うまで」には、いくつかのコツがある!と筆者は思う。

就活と同じようなもので、ネット上での試験や履歴書の書き方・・・個人面接や採用に至るまでにコツがあるように、サイトを使った出会いにも、「出会うため」のコツがある。そのコツや、出会った女性から聞いたこんな話、あんな話等、体験談からお話したいと思う。

筆者のプロフィールを改めて簡単に紹介すると、、、

当時29歳で、当然、彼女なし。使ったサイトは主に3つ。そのうちメインで使ったのは1つ。いずれも定額制の有料会員だった。(会員の種類については別記事で紹介)

約半年のサイト上での出会いを経て、サイト上で知り合った女性と交際し、今に至る。簡単にサイト登録時はどんな感じだったか概要を紹介。※サイトは既に退会してしまっているため、数字等は大よそのもの。

筆者が主に使用していたサイト(omiaiとpairs)には、お互いに「イイネ」をすると連絡が取り合えるという仕組みになっている。(詳細は別記事にて)

・サイト登録時、omiaiで、女性からの「イイネ」獲得数上位1%(サイトからのお知らせによる)
・累計200~250人強の女性に「イイネ」をし、「返しイイネ」(こちらからアプローチしてリアクションがあった人)は50~70人だと思う。
・さらにそのうち、メールを頻繁に交換するのは30~40人、実際に会ったのは15~20人程度だったと思う。
・「逆イイネ」(女性からアプローチしてきた場合・こちらがリアクションしていない人も含む)もあったが、「逆イイネ」の人と会ったためしはなく、実際に会ったのはこちらから「イイネ」した人だけだったと思う。
(特に他意はなく、結果論)

※「返しイイネ」、「逆イイネ」は筆者の造語。

今後、「出会うまで」のコツとして、プロフィールの書き方、検索の仕方、ちょっとした面白(?)話等をご紹介したいと思う。



※女性は登録無料



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です