[マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜

メルシンからはティオマン島にフェリーが出ている。2014年6月は1日3~4本であった。祝日はどんどん満席になっていくので注意が必要である。僕が行ったときの時刻表を載せておこう。

[マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜

6月5日にメルシンに到着し、宿泊した。そして7日にはクアラルンプールに着いておくのがベターという状況。ティオマン島に行くのは絶望的かと思われた。しかし・・・

6日の昼にわずかな残席のフェリーを確保。6日夕刻にティオマン島に着き、7日午前ティオマン島発のフェリーを捕まえ、そのままメルシンのバスターミナルへ直行し、7日深夜にクアラルンプールに到着するという手段があった。

通常深夜に着くのは避けたいところだが、8日移動がトラブルとなると飛行機に乗れないリスクも抱えている。リスクを天秤にかけた結果、7日の移動を選んだ。深夜着と言えど、タクシーを使えば大丈夫だろう。

そんなわけでティオマン島へ弾丸旅行したのである。

[マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (1) [マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (3) [マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (2)

ティオマン島、ビーチが美しい。慌ただしいスケジュールだが、来た甲斐があった!

[マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (4) [マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (5) [マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (6) [マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (7) [マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (8)

島について一番初めに行ったのが宿確保。しかしフェリーが満席になるだけあって、宿も空いていない。ファンの部屋が安く、エアコン付の部屋は高い。

これまでのマレーシア旅行の宿代が15~25リンギット(450円~750円)だったが、リゾート地ということもあり、もっとも安いバンガローが70リンギット(2100円)だった。エアコンにすると150リンギット(4500円)である。

時間も限られているし、70リンギットを見つけた時点で即決。ビーチで泳いだり、ビールを飲んだりしていた。そして悲劇が起こった。

[マレーシア旅行記]7.ティオマン島の安宿注意!最悪のバンガローで地獄の夜 (9)

疲れがたまっており、泳いでビールを飲んだため18時頃には眠りに着いた。暑いのでファンを回した状態である。

そして痒くて目が覚めた。全身が死ぬほど痒い。

ぷーんぷーんと耳につく音を聞くが、眠いので薄いシーツを頭からかぶる。しかし、痒い。

仕方なしに電気をつけると・・・

そこには百を超える蚊が舞っていた。奴らに規律はなく、それぞれが思うがままに舞っていた。

おぞましい光景におののきつつ、トイレへ行く。鏡を見ると、僕の顔に凹凸がたくさんあった。道理で痒いはずである。もちろん全身に赤いマークが記されていた。

バンガローに隙間があるようなので塞がなければ、と思い部屋を確認する。以下に載せる部屋の写真は翌日撮ったものだけど、

R1046182 R1046185 R1046183 R1046184

隙間だらけ!!!!!

そして塞ぐことは不可能。

詰んだ・・・

とりあえず蚊を数十匹抹殺し、作戦を考える。作戦その1はファンをマックスにして自分の身体にあてる。そして自分はシーツを全身にかぶる。ファンにより蚊の動きが妨害され、かつ、シーツでくるまれた身体には刺せないだろうという作戦。

しかし、作戦は失敗に終わった。ファンをかいくぐり、シーツ越しに刺してくるツワモノがいる。

こうなれば作戦その2しかない。毛布をかぶる。

ただでさえくそ暑いが、蚊にさされるより毛布に全身を入れる方がまし、という判断である。ファンを最大にしても空気が届かない。だからこそ、蚊の針も届かない。

汗をだくだくにしながら、寝ることもできず朝を迎えた。地獄の夜であった。

せめてもの救いはマレーシアにはマラリアを媒介する蚊がいないこと。自転車世界一周をしているとき、似たような状況に陥ったことがあった。それはアフリカ大陸のタンザニアであった。そのときは蚊に刺されると、もれなくマラニアになるというおまけ付きである。

そのときよりはマシだと信じ、一晩を絶えたのだった。

タンザニア旅行でマラリアの恐怖

疲れが溜まっていたから18時には就寝したのに、22時頃に目が覚めてからは一睡もできないという切なさ。今回の旅における他の宿の3倍くらいの値段を払っているのに、もっとも不快な宿だというジレンマ。

ティオマン島のビーチは美しかったが、ろくてもない印象を植え付けられたのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です