飛騨高山にスタッドレスタイヤでない車でいくときに、路面が凍結しているかを調べる方法[岐阜県]

飛騨古川の古民家オフィス「末広の家」に素泊まり宿泊した。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた!

そのとき悩んだのは、車で行くか否か。

3月の飛騨高山の路面状況はどうなのだろうか。スタッドレスタイヤではないノーマルタイヤでも問題ないのであろうか。

リアルタイムの路面状況を伝えてくれる2つのHPを注視した。

岐阜県の路面凍結情報
岐阜県の路面凍結予想情報

3月中旬から見ていたが、名古屋から飛騨古川のルートに関しては日中に凍結することはなさそうな感じ。

車で行くことを考えていたら、出発2日前にまさかの雪予報。

念の為、急遽名古屋から飛騨高山の高速バスを利用することにした。事故ったら最悪だからね。

実際に飛騨高山に行ってみると・・・

飛騨高山にスタッドレスタイヤでない車でいくときに、路面が凍結しているかを調べる方法[岐阜県] (1) 飛騨高山にスタッドレスタイヤでない車でいくときに、路面が凍結しているかを調べる方法[岐阜県] (3)

結構降ってる!!!

地元の人もそろそろスタッドレスタイヤをノーマルタイヤに交換しようかと考えていたくらいで、最近はまったく降ってなかったようだ。

3月の飛騨高山はそんな感じだが、このように雪が多少積もる場合もある。車でこなくて正解であった。

車で来れなくてくやしかったので、末広の家の中庭で雪だるまを作ってみた。

飛騨高山にスタッドレスタイヤでない車でいくときに、路面が凍結しているかを調べる方法[岐阜県] (4) 飛騨高山にスタッドレスタイヤでない車でいくときに、路面が凍結しているかを調べる方法[岐阜県] (5)

それはさておき、名古屋から飛騨古川まで高速バスとローカル電車を乗り継いだ際に気付いた2つの注意点をお伝えしておく。

1つは高山線の本数は非常にすくないということ。バスが遅れて電車を逃すと、1時間待つことは普通にあり得る。

飛騨高山にスタッドレスタイヤでない車でいくときに、路面が凍結しているかを調べる方法[岐阜県] (2)

もう1つは、名古屋から飛騨高山の高速バス「ひだ高山号」は片道2900円なのだが、ネットで往復を予約すると往復5000円。つまり片道2500円とお得なのだ。

・時刻表と料金のリンク

車で向かう際は、くれぐれも事故のないようご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です