飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた!

ツイッターに、「飛騨里山オフィス」がメディア関係者向けの宿泊費無料キャンペーンをやっているという記事が流れてきた。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた!

■対象

出版、映像、Webなどメディア・コンテンツの制作者、ライター、及びその関係者の皆さま。

メディア関係者といえど、ブログはさすがに入らんよね。でも僕が知ったのはブログ記事であり、まさかブログもOKなのか???

僕「ブログでもいいのでしょうか?」

里山オフィス「弱小ブログが何ほざいているのでしょうか?己を知れ!」

となったらどうしようという懸念があり、ツイッターにて行ってみたいとつぶやいてみた。

すると里山オフィスの方から直接連絡をいただいて驚く。

里山オフィス「ぜひどうですか??」

僕「行きます!!!!」

こんな流れで数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まることになったのだ。

末広の家の写真画像

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた!奥にドアがある。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (2)

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (3)玄関。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (4) 飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (5)

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (6)中庭。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (7) 飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (8) 飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (9)

天井が高くて広々としている。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (10) 飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (11)

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (12)仕事場。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (13)ホワイトボード完備。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (14)

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (15)プリンターに暖房、wifi付。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (16)

洗面台。写真を撮り忘れたけれど、トイレはウォッシュレット。

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (17)ひのき風呂!!!

飛騨古川の古民家:数寄屋づくりの里山オフィス「末広の家」に泊まってみた! (18)キッチン。

R1035752
コタツ部屋ですき焼きにしてみた。

古民家オフィスの可能性

古民家をオフィスとして提供するのは面白い発想だと感じた。

運営をしている彩り館の方に話を聞いたところ、オフィス利用と観光目的の方が半々くらいだそうだ。

オフィスとして売り出しているからこその結果だろう。

定期的に1ヶ月くらい滞在される方もいるようで、そういったヘビーユーザーを見つけていくと安定稼働する。オフィスの方もプロジェクトのスタートアップ合宿や、企業の福利厚生として使ってもらうことで、リピートしてもらえそう。

雰囲気が良いところで同じ時間を共有するだけで、親密になるのよね。複数人で利用する場合は、そこに価値がある。

今回はフェイスブックで不特定の友人に声をかけた。集まった僕の友人らは互いに初対面。しかし、古民家という素敵な場所で一緒にご飯を作り、語らい、宿泊することで、翌日には仲良しである。

その友人らにも古民家の感想を書いてもらうので、乞うご期待!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です